元F1王者、プロスト語る。「日本メーカーがフォーミュラEに来るなら今だ」

 少しシワは増えたが、濃い顔つき、曲がった鼻は誰もが見覚えのある、あのF1ワールドチャンピオンそのものだ。

 ――アラン・プロスト、61歳。F1通算51勝、4度のワールドチャンピオンという記録は、いずれもアイルトン・セナを上回る。

 1993年にプロストがF1を引退してから今年で24年。彼は今、エキゾーストノートが轟くフォーミュラレースの頂点ではなく、静かに、しかし、熱い戦いが繰り広げられている、フォーミュラEの現場にいた。

 そして今回、本誌・特派員が偶然にも彼に直接取材をする機会を得た。プロストは今、何を考え、フォーミュラEの現場にいるのか?

 プロストが、モータースポーツの過去、現在、そして未来を語る。

 インタビュー:Yohsiharu Ebihara、写真:Renault,LAT,Honda,Yoshiharu Ebihara
ベストカー2017年2月10日号


F1で破られた“51勝”にプロストは何を思う?

 プロストは2014年に「ルノー e.ダムス」の共同オーナーに就任。このチームをフォーミュラE、2年連続チャンピオンに導いている。

F1通算優勝回数のベスト10。(クリックして拡大)

 こうしてプロストが発展途上のフォーミュラEに携わる最中、F1では彼の持つ偉大な記録が破られた。2016年10月30日決勝のメキシコGP、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が、プロストの51勝を上回る通算52勝目を挙げたのだ。

 「貴方より1回多く勝ったドライバーが出てきてしまいましたね」。私が話を向けると、プロストはこう答えた。

 「気にしていないよ。今のF1と俺たちが(現役で)やっていた頃のF1は違う。だからなんとも思っていないよ」

 現代F1は、テストが厳しく禁じられ、ドライバーの習熟も、ほとんどがシミュレーターを使って行うようになった。

 プロストの発言の行間には、「バーチャル化され“オペレーター”になった今のF1ドライバーと昔のF1ドライバーは違うんだ」。そんな自負が滲み出ていた。

1993年、自身4度目のF1チャンピオンに輝いたプロスト。この年のドイツGPで自身最後の51勝をあげた。F1通算51勝は、2001年にミハエル・シューマッハに記録を破られるまで歴代最多勝であった

宿敵、セナとのあのバトルの裏側

 そして、プロストはF1現役時代のこんな裏話も教えてくれた。1990年の日本GPについてのエピソードだ。

 当時、チャンピオン争いは、フェラーリのプロスト VS マクラーレン・ホンダのセナという構図で展開されていた。

 そして、結末はご存じのとおり。故意か過失か、セナが1周目の1コーナーでプロストにマシンを当て、両者は接触、そしてリタイア。この瞬間、セナのチャンピオンが決まった。

 プロストは過去をこう振り返る。「マクラーレン・ホンダにいた僕の元担当エンジニアが、『こんなのおかしいだろ!!』と言って、その日にチームを辞めたという話を聞いたんだ。それを聞いて僕は凄く嬉しかった」

 プロストにとっても、最高のエンジンを用意したマクラーレン・ホンダのエンジニアにとっても、セナのやり方に対して「それはないだろ」という気持ちがあった。

 そうしたなかで自分の元担当エンジニアが、この出来事の直後にチームを去るという決断をしてくれたことが、彼にとっては嬉しかったのだという。

写真は1989年の日本GP。当時、マクラーレン・ホンダでチームメートだったプロストとセナは接触し、プロストがチャンピオン獲得。翌年プロストはフェラーリに移籍したが、2年連続でセナと絡み、今度はセナがチャンピオンを獲得した

プロスト語る「モータースポーツの未来はフォーミュラE」

 話題は未来へと向かう。プロストはこう続けた。

 「マラケシュ戦の直前、ゴーン社長と会ってね。それで彼に『F1の監督をやったらどうか?』と言われたけれど、僕は断ったんだ」

 ルノーはフォーミュラEに参戦しつつ、2016年からF1のワークス活動を再開した。

 現状、フォーミュラEのシャシーやバッテリーはワンメイクで開発の自由度も低い。バッテリー容量の問題から、レース中にスペアマシンに乗り換えなくてはならない。

 F1に匹敵するレベルになるには、まだまだ時間がかかるという見方が一般的だ。

モロッコ・マラケシュをいくルノーe.ダムスのマシン。フォーミュラEの速さ、レースとしてのレベルはまだF1に及ばないが、将来は……。プロストは“ある考え”を取材班に語り出した

 にも関わらず、なぜプロストはフォーミュラEに可能性を見いだすのか? 彼の考えはこうだ。

 「次の2017/2018シーズンになれば、フォーミュラEはやっとレースらしさが出てくる。これが第1段階だ」

 実は現在採用されているウィリアムズ製のバッテリーは、2017/2018シーズンにはマクラーレン製となる。これによって、フォーミュラEは1台のマシンでレースを走りきれるようになるのだ。

 現在、フォーミュラEは発足から3シーズン目だが、シーズン8、9の頃には開発が完全に自由化される。

 すでにパナソニックはジャガーと組んで参戦しているが、あと5年程度で例えば「バッテリーはパナソニック製が一番」といった流れになるというのがプロストの見立てだ。

現在、パナソニックは自社製のバッテリーをフォーミュラEに供給していない。しかし、開発自由化となれば、高い技術力を持つ同社が自社製バッテリーを供給する可能性は大いにある

 「シーズン8の頃には、多くのメーカーが競争するようになる。だから、その時初めて日本のメーカーがきても遅いんだよ」

 日本人の僕に向かってプロストは、こう言った。つまり、「トヨタよ、ホンダよ、フォーミュラEに来るなら今だぞ」。プロストは暗にそう示しているように私は感じた。

 F1で「いいエンジン、いいタイヤ」と、さまざまなメーカー間競争があったように、フォーミュラEに「いいモーター、いいバッテリー」という競争の時代が訪れる日は遠くない。

 プロストは「モータースポーツの将来はフォーミュラEだ」と私に言い切った。

 海老原芳治
1956年生まれ。1980年代後半から日産ル・マン活動の通訳を務める。その後、元F1ドライバーの中野信治氏のマネージャーなどを務め、F1を始めとする欧州モータースポーツの取材を行う。ベストカー欧州特派員

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ