シエンタマイチェン、新型フォレスター、CX-8の売れゆき、新型RAV4最新情報判明! 新車の売れゆき&スクープ情報大公開!

 6月20日に発売されたばかりの新型フォレスターをはじめ、クロスビーやCX-8、ルーミー/タンクなどの発売後の売れゆき情報が入ってきました。

 また、新型RAV4やマイナーチェンジされるシエンタ(写真は現行モデル)、三菱の新開発の1.5Lガソリンターボの情報も入手。最新情報盛りだくさんでお伝えします。

文/遠藤 徹
ベストカー2018年7月26号
(編集部註/一部、新型フォレスターの発表時期に誤記がありましたので修正致しました。謹んでお詫び申し上げます。2018.7.20 11:40)


■シエンタが9月11日にマイナーチェンジ

 トヨタは9月11日にシエンタをマイナーチェンジします。内外装のデザイン変更、新ボディカラーの設定、安全対策強化などが、マイナーチェンジの主な内容です。

 フロント周りではグリル、バンパー、ヘッドランプのデザインを変更します。安心&安全パッケージの「トヨタセーフティセンスC」は、その名称から「C」が外れて、ブレーキ踏み間違いサポート機能や歩行者対応の自動ブレーキを採用します。燃費はハイブリッドのみ向上させ、現行の27.2km/Lから27.8km/Lと0.6km/Lアップしています。

 現行モデルは7月中旬にもオーダーストップし、在庫一掃セールをスタートさせる見込みです。

9月11日にマイナーチェンジが行われるシエンタ(写真は現行モデル)。エクステリアではフロントグリル、バンパー、ヘッドランプのデザイン回りが変更される
9月11日にマイナーチェンジが行われるシエンタ(写真は現行モデル)。エクステリアではフロントグリル、バンパー、ヘッドランプのデザイン回りが変更される

■新型RAV4はカローラ店、ネッツ店の併売か? 

 トヨタは来年4月の発売が予想される新型RAV4をカローラ店とネッツ店で併売する方向でスケジュール調整を行っている模様です。

 新型RAV4はC─HRとハリアーの中間に位置するミディアムクラスのクロスオーバーSUVです。2列シートの5人乗りと3列シート6人乗りの両仕様が設定され、駆動方式はFFと4WDが用意されます。

 パワートレーンはFF車が2L&2.5Lハイブリッド、2LNAガソリンで、4WD車は2.5Lハイブリッドユニットを搭載する見込みです。

 なおこの新型RAV4を扱う販売店として、トヨタ店はランドクルーザーとランドクルーザープラドを、トヨペット店はハリアーを、それぞれ専売モデルに持っていることから、この2つの販売店については扱い店から除外されているようです。

これまでのRAV4はネッツ店の専売だったが、来年4月にデビューする新型RAV4はネッツ店とカローラ店の2系列の販売になりそうだ
これまでのRAV4はネッツ店の専売だったが、来年4月にデビューする新型RAV4はネッツ店とカローラ店の2系列の販売になりそうだ

■ルーミー/タンクが絶好調の売れゆきで4カ月待ち

 トヨタがダイハツからOEM供給を受けて販売しているルーミー/タンクは、発売後1年半以上が経過しているにもかかわらず売れゆきが絶好調で、納期が4カ月にも達しています。

 この5月の登録台数はルーミー7099台、タンク6189台で、2車種とも登録乗用車ベスト10圏内に入る売れゆきです。両モデル合わせると1万3288台で、アクアやプリウスよりも販売台数の多いトップブランドになります。

 こうした状況は発売以来、一貫して続いており、むしろ加速状態にあります。供給するダイハツの工場はフル生産しても追いつかない状況です。今後どこまでこの好調が続くか注目されます。

ルーミー/タンクは発売後、1年半以上経過しているのにもかかわらず、売れゆきが絶好調で、納期が4カ月に達しています
ルーミー/タンクは発売後、1年半以上経過しているのにもかかわらず、売れゆきが絶好調で、納期が4カ月に達しています

■売れゆき絶好調、クロスビーがスイフトを抜く

 スズキが昨年12月に発売した、新型コンパクトSUVの「クロスビー」が絶好調の売れゆきを見せています。5月の登録実績ではスズキの看板車種であるスイフトを抜き、ソリオに次ぎ、同社登録車の2位に浮上しました。

  クロスビーは、軽自動車の人気SUV「ハスラー」の面影を感じさせるエクステリアデザインに1ℓターボによる走りのポテンシャルの高さがウリとなっています。

 ハスラーオーナーのなかで走りに飽き足らないという人、あるいは5人乗りが欲しいという層からの代替えがあり、いっぽうで新規ユーザーも多くいるようです。

 ソリオにも僅差で追っており、場合によってはスズキのトップセラーに浮上する可能性も出始めています。6月中旬現在の納期は約2カ月でソリオやスイフトの1カ月より待たされます。

 7月いっぱいのキャンペーン企画でのオプションプレゼントは正規店でクロスビー5万円分、スイフトとソリオは10万円分と、クロスビーのほうがサービス内容は落ちるのに、引き合いは逆に強くなっています。

7月いっぱいのキャンペーン企画でクロスビーは5万円のオプションプレゼントを正規販売店で実施中
7月いっぱいのキャンペーン企画でクロスビーは5万円のオプションプレゼントを正規販売店で実施中

■三菱は1.5Lガソリンターボ搭載モデルを拡大

 三菱自動車はエクリプスクロスに搭載している新開発の1.5Lガソリンターボを、従来の2Lと2.4Lのガソリンエンジンの後継ユニットとして採用車種の拡大を図る方針です。

 この1.5Lターボは、直噴のダウンサイジングユニットであるのが特徴です。これによって1.6L並みの燃費と2~2.4L並みの動力性能の両立を果たしています。これまで2L、2.4LエンジンともデリカD:5やアウトランダーに搭載されていますが、今後、改良の際には1.5Lターボに切り替える方向で開発を進めるものと思われます。

 またコンパクトクラス用ユニットは日産との協業化によって、新開発の1.2Lターボも導入し、ベーシックなモデルを除く全ガソリン車をダウンサイジングターボに置き換える見込みです。

■CX-8がマツダSUVのトップセラーに浮上

 マツダが昨年12月に発売した3列シートSUV「CX-8」が好調な販売推移を見せ、マツダSUVのトップセラーに浮上しています。CX-8は唯一の2.2Lクリーンディーゼルエンジンのみの搭載車であり、そのトルクフルな走りのよさもウリのひとつになっています。

 マツダの5月におけるディーゼル車の登録台数は6054台で、前年同月比49.9%%増と大幅に伸びています。このうちCX─8は41%もの高い販売構成比となっています。今後2.5Lガソリンターボ車も追加する予定で、さらなる増販が期待できそうな情勢になっています。

販売好調なCX−8。人気の秘密は3列シートによる使い勝手のよさ、2列シート時での広い荷室スペースなど、実用性の高さも挙げられる
販売好調なCX−8。人気の秘密は3列シートによる、使い勝手のよさ、2列シート時での広い荷室スペースなど、実用性の高さも挙げられる

■新型フォレスターは好調で納期は9~11月にずれ込む

 スバルが6月20日に発表、7月19日に発売(2Lハイブリッド車のe-BOXERは9月14日発売)した新型フォレスターが好調な販売のスタートを切っています。6月上旬から事前予約を開始しているわけですが、6月下旬現在での納期は2.5L車が9月、2Lハイブリッド車は11月と大幅にずれ込んでいます。

  初期受注では2Lハイブリッド、e-BOXERとドライバーモニタリングシステムを搭載するアドバンスが全体の約40%、2.5LのX-BREAKが約30%を占めているそうです。

 また、7月29日までは「プレミアムカタログギフト」を進呈する成約キャンペーンプレゼントを実施し、盛り上げを図っています。

6月20日に発表、発売(2Lのe-BOXERは7月19日発売)の新型フォレスターのは好調な販売。初期受注の内訳は40%で2.5Lプレミアムが一番人気
6月20日に発表、発売(2Lのe-BOXERは7月19日発売)の新型フォレスターのは好調な販売。初期受注の内訳は40%で2.5Lプレミアムが一番人気

最新号

ベストカー最新号

総勢40台超! 誌上モーターショー2018 ベストカー11月10日号

 2018年10月10日、「ベストカー」最新号(11/10号)が発売。今号は誌上モーターショー2018と題し、イタルデザインが手がけ日本初公開となった「GT-R 50 by italdesign」の生写真、そして国産8メーカーの今後世に出る…

カタログ