シエンタマイチェン、新型フォレスター、CX-8の売れゆき、新型RAV4最新情報判明! 新車の売れゆき&スクープ情報大公開!


 6月20日に発売されたばかりの新型フォレスターをはじめ、クロスビーやCX-8、ルーミー/タンクなどの発売後の売れゆき情報が入ってきました。

 また、新型RAV4やマイナーチェンジされるシエンタ(写真は現行モデル)、三菱の新開発の1.5Lガソリンターボの情報も入手。最新情報盛りだくさんでお伝えします。

文/遠藤 徹
ベストカー2018年7月26号
(編集部註/一部、新型フォレスターの発表時期に誤記がありましたので修正致しました。謹んでお詫び申し上げます。2018.7.20 11:40)


■シエンタが9月11日にマイナーチェンジ

 トヨタは9月11日にシエンタをマイナーチェンジします。内外装のデザイン変更、新ボディカラーの設定、安全対策強化などが、マイナーチェンジの主な内容です。

 フロント周りではグリル、バンパー、ヘッドランプのデザインを変更します。安心&安全パッケージの「トヨタセーフティセンスC」は、その名称から「C」が外れて、ブレーキ踏み間違いサポート機能や歩行者対応の自動ブレーキを採用します。燃費はハイブリッドのみ向上させ、現行の27.2km/Lから27.8km/Lと0.6km/Lアップしています。

 現行モデルは7月中旬にもオーダーストップし、在庫一掃セールをスタートさせる見込みです。

9月11日にマイナーチェンジが行われるシエンタ(写真は現行モデル)。エクステリアではフロントグリル、バンパー、ヘッドランプのデザイン回りが変更される
9月11日にマイナーチェンジが行われるシエンタ(写真は現行モデル)。エクステリアではフロントグリル、バンパー、ヘッドランプのデザイン回りが変更される

■新型RAV4はカローラ店、ネッツ店の併売か? 

 トヨタは来年4月の発売が予想される新型RAV4をカローラ店とネッツ店で併売する方向でスケジュール調整を行っている模様です。

 新型RAV4はC─HRとハリアーの中間に位置するミディアムクラスのクロスオーバーSUVです。2列シートの5人乗りと3列シート6人乗りの両仕様が設定され、駆動方式はFFと4WDが用意されます。

 パワートレーンはFF車が2L&2.5Lハイブリッド、2LNAガソリンで、4WD車は2.5Lハイブリッドユニットを搭載する見込みです。

 なおこの新型RAV4を扱う販売店として、トヨタ店はランドクルーザーとランドクルーザープラドを、トヨペット店はハリアーを、それぞれ専売モデルに持っていることから、この2つの販売店については扱い店から除外されているようです。

これまでのRAV4はネッツ店の専売だったが、来年4月にデビューする新型RAV4はネッツ店とカローラ店の2系列の販売になりそうだ
これまでのRAV4はネッツ店の専売だったが、来年4月にデビューする新型RAV4はネッツ店とカローラ店の2系列の販売になりそうだ

次ページは : ■ルーミー/タンクが絶好調の売れゆきで4カ月待ち