王者アルファード/ヴェルファイア改良情報入手!! 新車情報続々速報

 毎日新車ディーラーを周り、足で稼いだ新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。その遠藤氏が今回も新型車のホットな情報を掴んできてくれた。

 2018年は9月以降もマイナーチェンジなどを予定しているモデルがあります。トヨタのアルファード/ヴェルファイア一部改良があるほか、ホンダヴェゼルの追加モデルなどが登場する見込みです。

 また今回は、最近登場した注目モデルの気になる売れゆきについてもお伝えしていきます。

文:遠藤徹
ベストカー2018年9月26日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


■11月1日にアルファード/ヴェルファイア一部改良

 トヨタは11月1日、アルファード/ヴェルファイアを一部改良し、全車に誤発進防止装置の「インテリジェントクリアランスソナー」を標準装備します。前方と後方の両方の踏み間違えによる誤発進をソナーが検知し、事前に衝突を回避します。

現行型アルファード/ヴェルファイアは、2015年1月に発売。今年1月にビッグマイチェンを実施し、フロントマスクを変更。安全装備も充実させた。それが10カ月でさらに一部改良実施となる

 従来モデルは7月いっぱいでオーダーストップしており、現在各ディーラーでは在庫一掃セールに入っています。この9月はグレードやボディカラー、オプション装備にこだわらなければ35万円以上の大幅値引きが期待できるでしょう。現在販売されている特別仕様車は特別装備の多くを改良後はカタログモデルに組み入れるため、ひとまず廃止とします。

 改良モデルは8月下旬から事前予約の受付を開始しています。内外装やカラーリング、グレード構成の変更はありません。

■ヴェゼルにスポーツバージョン1.5Lターボを設定

 ホンダは今年(2018年)12月にもヴェゼルに走りのポテンシャルを高めたスポーツバージョンの1.5Lターボ車を設定します。この追加モデルは、パワフルなエンジンと強化した足回りを持ち、オンとオフともに走りの両立を図ったモデルとなっています。

2013年12月に発売された現行型(初代)ヴェゼル。コンパクトSUV界を牽引するモデルで、スポーツグレードを設定することでライバルであるトヨタC-HRに追いつき追い越す狙いがある。写真は現行型

 なお、これによってヴェゼルの次期型へのフルモデルチェンジは、2020年以降にずれ込むことが予想されます。

■新型CR-Vの発売は好調な滑り出しになりそう

 8月30日に発表、31日に発売(ハイブリッドは11月1日に発売)した新型CR-Vの売れゆきが好調な滑り出しとなっています。7月下旬に事前予約を開始していましたが、納期は早くも11月上旬以降にずれ込んでいます。

ライバルとなるハリアーやエクストレイルに比べると、「やや割高ではないか」という指摘が多いホンダの新型CR-V。そのぶん安全装備を手厚くしており、それが奏功したか。とはいえ初期受注が落ち着いた秋以降が正念場となりそう

 ガソリン1.5Lターボ車と2Lハイブリッド車が設定され、注文時点での販売構成比はほぼ半々ですが、1.5Lターボ車に設定された3列シート7人乗り車は全体の15%以下にとどまっています。最も引き合いが多いのは1.5Lターボ車、2Lハイブリッド車ともに最上級グレードのEXマスターピースになっています。

 新型の9月から12月までの受注計画は1万台ですが、10月頃までにこれを達成できそうな見通しとなっています。

■新型ジムニー増産で納期が落ち着く見通し

 スズキが7月5日に発表、発売した新型ジムニー/ジムニーシエラは、発表直後から受注が殺到。一時期納期が「1年以上」となっていましたが、9月に入って増産の見通しがたち、納車待ちの短縮・解消が見込まれます。

 ジムニーシリーズの年間販売計画は、ジムニーが1万5000台、シエラは1200台でしたが、今年度ぶんは両モデルとも受注を終えており、累計受注台数は8月末の時点でジムニーが2万5000台、ジムニーシエラ5000台を突破した見込みです。

 首都圏にあるスズキ店、スズキアリーナ店では多数の来店者にカタログを用意していますが、カタログの在庫がなくなり、2度、3度とメーカーに発注し直しています。発売したばかりの新型車でカタログの在庫がなくなるのは異例とのこと。

写真は新型ジムニーシエラ。輸入車からの乗り換えも多いそう。カタログも品切れが続いており、異例の人気といえる

 下取り車で目立つのは歴代のジムニーに加えてハスラー、スイフトスポーツ、スペーシア、ワゴンR、アルトシリーズのほか、他銘柄ではトヨタ、ホンダ、日産の小型車やコンパクトカー、軽自動車のスポーツモデルなどです。

 購入者は20~30代の若者のほか、女性のユーザーも多くいます。売れているグレードは最上級のXC(ジムニー)、JC(ジムニーシエラ)で、半分強がMT車です。

 下取り車のジムニーは10年落ち、10万㎞以上走行していても程度のいい上級グレードであれば20万円以上の買取り額がつくほどの中古車での人気モデルですから、販売店はこの面でも収益のいい商売になると明るい表情を見せています。

■N-VANはスタイルファンを中心に好調な滑り出し

 ホンダが7月12日に発表、13日に発売した新型軽商用車、N-VANの販売が好調な滑り出しを見せています。7月中旬現在の納期は3カ月待ちの11月中旬以降で、バックオーダーは推定1万5000台規模となっています。

軽商用バンとしては異例の注目を集めているホンダN-VAN。売れ行き好調でバックオーダーを多く抱えている

 6タイプを設定しているうちG、Lは業務用なのに対してスタイルファン、スタイルファンターボ、スタイルクール、スタイルクールターボは仕事以外でも使える仕様で洒落たスタイル、充実した装備内容となっています。そのなかでも室内が広く使えるハイルーフのスタイルファンが売れ筋となっています。このため一部でN-BOXと競合する事態にもなっています。車両本体からの値引きは3万円程度に引き締める強気の商売をしています。

 7月の届出台数は3053台で、従来のアクティバン、バモス、バモスホビオの3倍も売れています。

■ミラトコットは堅調な販売

 ダイハツが6月25日に発表、発売した新型軽乗用車のミラトコットが堅調な売れ行きをみせています。

「ミラココア」の後継車として今年デビューした、いわゆる「可愛い系軽自動車枠」のミラトコット。これまでのキュート路線ではなく、過剰な装飾を排して「素朴な感じ」、「ノーメイク風メイク」といった趣向。それがウケているよう

 ミラトコットは女性向けに仕立てたモデルですが、実際にはリーズナブルな価格設定と充実した安全装備で男性を含めたシニアまで幅広い層に売れています。8月中旬時点での納期は10月中旬以降と2カ月待ちとなっています。

 ちなみに8万円程度の値引き幅となっており、新型車にしてはごく標準的な値引き条件でスタートしています。

最新号

ベストカー最新号

総勢40台超! 誌上モーターショー2018 ベストカー11月10日号

 2018年10月10日、「ベストカー」最新号(11/10号)が発売。今号は誌上モーターショー2018と題し、イタルデザインが手がけ日本初公開となった「GT-R 50 by italdesign」の生写真、そして国産8メーカーの今後世に出る…

カタログ