【大謝罪企画ふたたび】 LQ S2000後継車 ジムニー5ドア… あのスクープはどうなった?

お盆ごめんなさい企画 LQ S2000…あのスクープはどうなった?

 ベストカーの名物といえば、なんといってもメーカーが今後投入するモデルを暴くスクープページ。

 編集部に舞い込む多くの情報から信頼できるものを厳選して展開するのだが、それでもある時から情報がパタリと出てこなくなるものもある。

 クルマの開発は水物。メーカーも限られたリソースをどの車種に投入するかを常に判断しているため、「これはやっぱり……、もう1回考えようか」と、開発の凍結または優先順位が大きく下げられることはありえる。

 もちろん、観測気球のように「(反響がよければ)市販の可能性も」というメーカー関係者からのコメントを、1200%真に受けて「市販するぞ!!」と先走って報じてしまうケースも多々ありまして…(本当にすみません)。

 そこで今回は、かつては誌面やサイトを賑わせていたものの、いっこうに姿を現さず、いつまでたっても市販されないスクープ情報の、なぜそうなったか、今どうなっているかを、ごめんなさい、すみません、面目ないなどなどな気持ちを精一杯こめてご紹介します。

【画像ギャラリー】ひょっとしたら今ごろ試乗記事が載っていクルマもあったかも…? 幻のスクープモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年6月のものです
文・写真・予想CG:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年7月10日号


■トヨタ S-FR(盛り上がっていた時期 2016年)

●5ナンバーサイズの低価格エントリーFRスポーツ

「EVスポーツとして再出発」との情報が入った時に作成した予想CG。確かにEVならばパワーユニットレイアウトの自由度は高く、付加価値も付く

〈どんなクルマだった?〉
 2015年の東京モーターショーに出展された86より小さなFRモデルで、車両重量=約1トンの、軽量なエントリースポーツ。

 ベストカーは、その軽量ボディに140psの出力を発生する1.5Lエンジンを搭載し、価格は200万円以下からスタートという内容で、2020年に登場すると紹介した。

〈今どうなってる?〉
 コンパクトすぎる車体は、グローバル基準の安全性を確保できないとの理由で開発が凍結されたという情報も流れたが、実際は「すでに86が存在するのに、本当にこのクルマを作る必要があるか」という販売的判断で凍結。

 その後、EVスポーツとして開発が再スタートしたとの情報も流れたが、こちらもその後の動きが入っていない(一説には「コンパクトサイズのスポーツモデルはヤリスGRとGRコペンが担当する」ということで、その2モデルに開発資源が振り向けられたという情報も)。

 とはいえ現在のトヨタには何をしてくるかわからない勢いがあり、今後、再び計画が動き出す可能性もゼロではない。

2015年の東京モーターショー出展時の写真。かつての「ヨタハチ」を思わせるデザインも魅力だったが……

●望みを捨てるのはまだ早い度…★★☆☆☆

■トヨタ LQ(盛り上がっていた時期 2020年)

●近未来的なルックスながら、公道走行試験も実施

昨年の東京モーターショー出展時のひとコマ。こんなナリだがステアリングやシートなどは現行市販車同等のものが装備されていた

〈どんなクルマだった?〉
 2019年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカーで「未来の愛車」を具現化したEV。AIエージェントやレベル4クラスの自動運転機能を搭載する。全長4530×全幅1840×全高1480mmと、意外と大柄。

〈今どうなってる?〉
 2019年の東京モーターショー出品時には、トヨタブースに詰めかけた記者陣の誰もが「さすがにデザインが未来的すぎる…。こんなクルマが市販され公道を走り回るようになるのは、早くても10年後とかの話だろう」と思ったものだが、ショー会場でのトヨタ側の説明によると「このまま公道走行可能なように、国内法規制をクリアしました」と驚きの説明がなされた。マジですか。「ということは、このまま市販する可能性も…?」と畳みかけると、「それは反響次第ですし、ご想像にお任せします。ご期待ください」との回答。

 さらに取材を進めていくと(2020年春時点で)、LQは東京オリンピック2020に合わせて公道テストを繰り返しているとの情報が入り、SNSでは実際に仮ナンバーを付けたLQの公道走行目撃写真がアップされ始めた。

 期せずして、トヨタが2020年内に量産型EVの市販計画があることも判明。

 おお、す、すごい。この時点で当サイトにて「LQこのまま市販!」と報じました。はい、すみません(←もう謝る)。このLQ、すくなくとも数年は、市販はありません。勘違いでした。

 トヨタが2020年内に市販を計画しているのは2人乗りの超小型EV(名称未定)で、LQとは別のシティコミューター。 いっぽうLQは市販化の予定はなく、公道走行のための国内法規クリアは、東京オリンピックの際のデモンストレーション走行のためだったことが明らかに。

 当サイトの市販記事に期待を寄せてくださった皆さま、本当に申し訳ありません…。もちろん、この未来的なデザインで公道走行のための法規をクリアすることは、それだけでもすごいことなんですが、さすがに市販は無理でした。オリンピック開催を記念して50台限定販売とかしたら話題になるだろうに…。そんなわけで2021年夏に延期となった東京オリンピック開催時に、【デモ走行で】東京の街をLQが走ります。

今夏市販予定だったということで、ショー出展時にアナウンスされたレベル4クラスの自動運転やAIエージェントの搭載は疑問だが、とにかくこの姿で売られることに意味があった

●望みを捨てるのはまだ早い度…★★★☆☆

次ページは : ■トヨタ Tjクルーザー(盛り上がっていた時期 2018-2019年)

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ