フリード来夏新型 ノート派生車&ダイハツ新型もスタンバイ! シエンタに待ったをかける「小型3列シート戦国時代」が来る!!!

フリード来夏新型 ノート派生車&ダイハツ新型もスタンバイ! シエンタに待ったをかける「小型3列シート戦国時代」が来る!!!

 根強い人気を誇る小型3列シート車。その牽引車ともいえるトヨタシエンタの今夏モデルチェンジについては先日お伝えした通り。

 今回はシエンタの最大のライバルであるホンダ フリードの次期モデル、そしてさらにそれら「2トップ」の強力な対抗馬となりそうな、ノートの派生モデル、そしてロッキー搭載のシリーズハイブリッド「e-SMART HYBRID」を引っさげ登場のダイハツ新規投入モデルをスクープ!

 ミニバンに続いて小型3列シート車にも「戦国時代」がやって来る!?

※本稿は2022年2月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年3月26日号

【画像ギャラリー】最終デザイン確定のシエンタ予想CGも掲載! 小型3列シートの最前線をギャラリーでチェック!(17枚)画像ギャラリー

■ホンダ フリードは来夏モデルチェンジ フィットのプラットフォーム活用+e:HEVもあり!

 シエンタが最大のライバルとして意識するのがホンダフリード。コンパクト3列シートのパイオニア的存在で、実用的な3列目シートの居住性が高く評価されている。

 現行型フリードの登場は2016年9月で、2019年10月にはマイチェンを実施している。シエンタ同様、7年目となる来年夏にモデルチェンジが計画されている。

 先にモデルチェンジしたフィットがベース。SUV版がヴェゼルで、コンパクトミニバンが新型フリードとなる。

来年のモデルチェンジに向け新型フリード、開発順調!(画像はベストカー編集部による予想CG)
来年のモデルチェンジに向け新型フリード、開発順調!(画像はベストカー編集部による予想CG)

 ボディサイズは現行型をほぼキープし、全幅は1695mmで5ナンバー。ホイールベースは現行型の2740mmから10mm程度延長され、さらに3列目の居住性が改善する。

 パワートレーンはヴェゼル同様、1.5Lエンジンを主に発電用に使うモーター駆動のe:HEVがメインとなるが、コンベンショナルな1.5Lガソリンエンジン搭載グレードも設定されることになりそう。

 現行型フリードのハイブリッドはDCTにモーターを組み合わせたシステムだが、e:HEVとなることでドライバビリティと実用燃費がともに大きく改善されるのが嬉しい。

現行型フリードの室内。新型ではさらに3列目シートの居住性が追求される。低床プラットフォームを活かした足元の広さがメリットとなる
現行型フリードの室内。新型ではさらに3列目シートの居住性が追求される。低床プラットフォームを活かした足元の広さがメリットとなる

■ノート3列シートもスタンバイ e-POWERで走りも燃費もイイ!!!

 この動きを見逃すことなく、日産はノートベースの3列シート車を今年後半にも投入する。

 プレミアム仕様としてバリエーションに追加された「オーラ」に続く、ノートの新たなファミリーだ。

 ノートのプラットフォームはホイールベース延長や重量増に対する許容範囲が広く、ホイールベース2750mm、全長4280mmクラスの3列シート、スライドドアモデルに対応する。

電動化を進める日産。ノートシリーズはすべてe-POWERのみで、ガソリンエンジンで直接駆動するモデルは今後も登場する計画はない。3列シートモデルももちろんe-POWER。4WDも用意され、後輪は68ps/10.2kgmのモーター駆動(画像はベストカー編集部による予想CG)
電動化を進める日産。ノートシリーズはすべてe-POWERのみで、ガソリンエンジンで直接駆動するモデルは今後も登場する計画はない。3列シートモデルももちろんe-POWER。4WDも用意され、後輪は68ps/10.2kgmのモーター駆動(画像はベストカー編集部による予想CG)

 ノートの上質なインテリアを踏襲し、シエンタやフリードといったライバルに対する上級志向をアピールする。

 パワートレーンはもちろんノート同様、直3、1.2Lエンジンを発電専用とするモーター駆動のe-POWERだ。

次ページは : ■ダイハツの小型3列シートも! 今年後半デビュー! モーター駆動のハイブリッド搭載

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します