トヨタ 2Lターボ&3.5L車の生産を廃止… ほか国内クルマ業界生情報!!

トヨタ 2Lターボ&3.5L車の生産を廃止… ほか最新モデルの販売状況&2022年の国内クルマ業界生情報!!

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り『生』の新車情報を届けてくれる遠藤徹氏。

 今回はトヨタの2Lターボ、3.5Lモデル順次廃止の話題から、好調な滑り出しを見せた新型ノア/ヴォクシー、ランクル300の納期が5年待ちに突入、さらに新型フェアレディZ、新型ステップワゴンの話題…などなど、最新情報をまとめてお届け!!

※本稿は2022年1月のものです
文/遠藤徹、予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年2月26日号

【画像ギャラリー】好調の新型ノア/ヴォクシー!! 納車5年待ちのランクル!! ほか国内自動車最新情報をギャラリーでチェック!!(11枚)画像ギャラリー

■トヨタが2Lターボ、3.5L車の生産を中止へ

 トヨタは、今年から来年にかけてクラウン、アルファードの世代交代を図る予定ですが、現行モデルで搭載している2Lターボや3.5Lモデルを順次廃止する見込みです。

 これらのエンジンを搭載するグレードの販売不振と、将来に向けて電動化の流れが一気に加速する見通しに対応させるためと思われます。

 3.5LエンジンはガソリンNAとハイブリッドの設定がありますが、両ユニットとも廃止の方向にあります。

 今後は2.5Lが中心になりますが、いずれはハイブリッドユニットに一本化することも検討課題になりそうです。

アルファードに搭載される3.5Lエンジンや、現行クラウンなどに搭載の3.5Lハイブリッドユニットは現行モデルへの採用が最後になる見込み

■ホンダ新型SUVは今年11月にも発売

 ホンダは今秋の11月にも新型SUVを発売します。

 CR-Vの後継モデルの位置づけで、別のネーミングを設定し、同時にCR-Vは生産中止します。ただし、CR-Vはグローバルモデルとして海外向けには継続生産します。

 新型SUVは1.5Lターボと2Lハイブリッドのe:HEVを搭載します。ボディサイズは全長4570mm、全幅1800mm、全高1600mmと、全高は低めで比較的丸みを帯びたフォルムとなり楕円形状のグリルデザインを採用するのが特徴となります。

 また本革シートの選択を可能にするなど上質な仕立ても特徴になる模様です。

■ホンダ フィット、N-WGNのマイナーチェンジなどにも注目

 ホンダは2022年の商品強化策の一環として、フィット、N-WGNのマイナーチェンジ、そしてヴェゼルとフリードの追加設定を2022年6月〜8月にかけて実施する予定です。

 フィットの改良型は、外観が小変更されるほか、新たにスポーツバージョンの「RS」が投入されます。ガソリン車とハイブリッド車ともに設定され、ファッション性も重視した仕様になります。

 N-WGNの改良型は、カスタムがフロントグリルの小変更、ノーマルタイプはシートヒーターの標準装備車を設定します。

 ヴェゼルはカスタマイズモデルの「モデューロX」を投入し、フリードは新バージョンの「スタイル」を設定し、ボディカラーの新色3色を加える予定です。

■ダイハツ、次期型ムーヴの電動化はどうするか?

新型ムーヴは今年中盤に登場するという情報がある。新型はロッキーで採用されたシリーズハイブリッドを搭載するのか? 電動化が注目される(画像はベストカー編集部による予想CG)

 ダイハツ販売店筋によると、「今年は中盤あたりに1車種の新型軽自動車を発売する」という話がダイハツからあったといいます。この新型車とはムーヴの世代交代が濃厚といえます。

 そして、この新型ムーヴは「電動化をどうするか?」が注目されます。ダイハツにはロッキーに採用しているシリーズハイブリッドの技術があります。しかし、こちらはマイルドハイブリッドを大幅に上回るコストアップをどうするかが課題になっています。そのため、他社同様にマイルドハイブリッドを採用する案もダイハツ社内では浮上しているようです。

次ページは : ■三菱 新型アウトランダーPHEVの販売が好調にスタート

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ