ホンダ シャトルが生産終了! もう5ナンバーワゴンの時代は終わりなのか


 日本の道路環境を考えれば全幅1700mm以下の5ナンバーサイズは超使いやすい。だが、年々このサイズのモデルはどんどん減っている状況だ。その筆頭がステーションワゴンで、今新車で買えるのはホンダ シャトルとトヨタ カローラフィールダーのたった2車種と超少ない! そのシャトルですらまもなく生産が終了となるのだ。これから永遠に5ナンバーサイズのワゴンは登場しないのか!? 一体この市場はどうなる!?

文:永田恵一/写真:ホンダ・トヨタ・三菱・マツダ・スズキ

【画像ギャラリー】三菱にホンダザクザクあるぞ! 東南アジアで大ヒットのコンパクトワゴン(8枚)画像ギャラリー

新車で買えるのは2車種だけ! かつてはダイハツ以外の全車がラインアップしていた

 5ナンバーサイズのステーションワゴンは派手さや華こそないが、車両価格、維持費ともにリーズナブルなのに加え、使い勝手もいいという便利なジャンルである。

2012年に登場した3代目フィールダー。後継モデルのカローラツーリングは3ナンバーサイズであるためユーザーニーズを鑑みて先代モデルを併売する状況が続いている

 現在コンパクトステーションワゴンはホンダ シャトルとトヨタ カローラフィールダーの二強状態である。シャトルはホンダが車種整理を進めていること、カローラフィールダーもモデルの古さなどもあり、両車遠くないうちに現行モデル限りとなる可能性は十分ある。という背景もあり、ここではコンパクトステーションワゴンの将来などを考えてみた。

 今から20年ほど前、カローラ級の日本車にはトヨタ カローラツーリングワゴン→カローラフィールダー、日産 ウイングロード、ホンダ シャトルに続くオルティア→エアウェイブ、マツダ ファミリアSワゴン、三菱自動車 リベロ→ランサーセディアワゴン、スバル インプレッサスポーツワゴン、スズキ/カルタスワゴン→シボレーオプトラ(韓国大字製)がラインアップ。ダイハツ以外の日本メーカーは全社ハッチバック的なものを含め、現在のコンパクトステーションワゴンに相当するモデルを揃えていた。

 しかし、マツダがファミリアをアクセラにした際にファミリアSワゴンがなくなって以来、15年前の2007年にはコンパクトステーションワゴンはトヨタ、日産、ホンダの三強となってしまった。その後2018年にはウイングロードも絶版となり、それ以来コンパクトステーションワゴンはカローラフィールダーとシャトルの二強となっているのだ。

コンパクトミニバンの台頭が最大の要因! 価格競争力が強すぎた

 コンパクトステーションワゴンが低迷した大きな原因は、2000年代初めに登場したストリームやウィッシュといった5ナンバーサイズの乗用車型ミニバンの台頭だ。5ナンバーサイズの乗用車型ミニバンはコンパクトステーションワゴンよりは大きいもの、不便があるほどではなく、3列目シートも十分に使用可能。そして普段は3列目シートを収納すればラゲッジスペースもコンパクトステーションワゴンより広いというメリットが存在した。

5ナンバーサイズ、そしてヒンジドアを持つミニバンが2000年代前半に登場。ステーションワゴンに取って代わるモデルとして大ヒットしたのだ

 それでいて2003年の同じ1.8リッターエンジンを搭載するカローラフィールダーとウィッシュの価格は、カローラフィールダーが174万8000円、対するウィッシュは168万8000円であった。なんと車格が上にも関わらずウィッシュの方が安く、これではコンパクトステーションワゴンの低迷も当然である。

 現在は同じ1.5リッターガソリン同士で比較するとシャトルは180万8400円、フリード(ベーシックグレードのB)が199万7600円と、適正な価格差となっている。だが、それでもこの価格差ならシャトルより使い出のあるフリードを選ぶ人は多いのだった。

 そう考えると今もカローラフィールダーとシャトルが生き残っているのは大健闘とも言え、コンパクトステーションワゴンに大きな打撃を与えたウィッシュやストリームの方が先に絶版となったのは皮肉なことだ。

次ページは : 後を継ぐのは誰だ!? ヤリスベースかプロボックスの乗用モデルの復活はあるか!?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ