たった2年で生産終了はない……よね!? GR86が受注ストップ!! 希少FRスポーツの今後はどうなる

 SNS上でトヨタGR86の生産終了が噂されている。最初にその情報を報じたアカウントによればディーラーが2023年6月に生産終了という情報を発したという。1000以上のリツイートをされ、多くのファンが騒然としているがベストカーWebでは実際のところを探ってみた。

 2021年10月に発売されたGR86が生産終了になるなんてあり得るのか!? 今回はジョー城ケ崎さんの調査で真相をお届けしたい。トヨタ広報部には詳細を確認中なので、追ってご報告したい。

文:ジョー城ケ崎/写真:トヨタ

【画像ギャラリー】まだまだ走るぜ!! GR86生産続行濃厚!! 超希少FRスポーツの限定車がスゴイ(8枚)画像ギャラリー

■ウワサの発端は販売店でのオーダーストップ情報

希少なFRスポーツとして日本市場を支えるGR86。まさかまさかの2年足らずで生産終了はないよね……!?

 2022年7月、86の登場10周年を記念し、特別仕様車「RZ”10th Anniversary Edition”」が発表された。予約注文は7月24日から9月30日までの期間限定。プレスリリースには、期間限定ではあるものの、台数限定といった記載はない。特別仕様車の発売(生産・納車引き渡し)は、2023年初頭以降となっている。

 しかし、9月30日まで受け付けられるはずだった特別仕様車への予約注文受付が8月21日をもって急遽終了したのだ。GR86の公式ページには「生産能力を大幅に上回る注文をいただいているため、8/21(日)で受注受付を終了させていただきました。」と記載されている。

 予定していた期間よりも1か月以上も早い予約受付終了に、周辺がざわつき始めた。さらに追い打ちをかけたのが、通常モデルのオーダーストップだ。

 特別仕様車の早期受付終了に加えて、ノーマルモデルがオーダーストップという話が重なり、噂は生産終了というところまで大きくなったらしい。

■オーダーストップの理由は生産枠で時間が解決する

スバルの水平対向エンジンを搭載するなど、GR86はスバルとの協業の産物だ。それだけに生産調整などはシビアになるのも当然のこと

 事実として、GR86のオーダーは止まる。既に注文を受け付けていないディーラーもあり、まだ注文できるディーラーでも、間もなく受付停止となる模様だ。

 今回のオーダーストップの原因は、来年春までのGR86生産枠が全て埋まったことにある。2022年9月末現在、GR86の納期は6か月以上と比較的長い。今、GR86を注文しても、注文したクルマが生産されるのは2023年に入ってからだ。

 GR86は、特に生産枠の管理が厳密であり、今注文したものは、来年春の生産枠に組み込まれる予定だった。この枠が埋まり、生産計画台数を超過してしまうことを避けるため、オーダーストップという措置を取っている。

 GR86は登場からわずか2年しか経っていない。2022年5月には一部改良も受け、まだまだこれからのクルマである。本件に関しては、今年度分の生産台数を越えたため、「一旦、受注停止します」という表現が正しいようだ。

 GR86が金輪際作られなくなるといった、生産終了ではないことを、まずは読者の方へお伝えしておきたい。

次ページは : ■改良をする時期が難しいというメーカーの事情も

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ