熱狂的スバリストに聞きました! スバル車のスバルらしさとはなんぞや?


 スバルのクルマは、どこかほかの国産メーカーとは違うところがあって、そこにハマる人がいる。さらに、スバル車を買った人は、その後もスバル車に乗り続ける人が多いようにも思える。

 では、スバルというメーカーが他メーカーと異なる部分とはいったいなんなのか? 味があるのはどんな部分か、特徴的なメカニズムといえばどこなのか、熱狂的スバリストである自動車ライターのマリオ高野がその理由を解き明かす。

文/マリオ高野
写真/スバル、フォッケウルフ

【画像ギャラリー】スバル車のスバルらしさについて写真で見る!(6枚)画像ギャラリー

■「ほかとは違う」から始まったスバルの歴史

 クルマにまったく興味がなかったのに、たまたま買ったスバル車ヴィヴィオによりクルマ趣味に目覚め、その後30年スバルにどっぷりとハマる。ふと気がついたらスバルのお膝元である群馬県太田市に転居してしまった。我ながら、ナゼこれほどまでスバルに魅力されてきたのだろうか(笑)。ここであらためて、スバルの魅力や「スバルらしさ」とは何なのかについて考えてみた。

 スバルには、水平対向エンジンや、それを軸とするシンメトリカルAWDなど、わかりやすいアイデンティティが多い。しかし、水平対向以外のエンジンを積むクルマであってもスバルらしさは存分に発揮されるし、FFやFRもまた然り。BEVのソルテラにも、スバルらしさは濃厚に感じられた。

最新のスバル車であるソルテラ。安全運転につながる視界の良さや走りの安定感を生み出す低重心設計など同社らしい部分が見られる

 いちスバルファンとして、スバルに魅力される「らしさ」とは何かを考えてみると、一番に挙がるのは、「ほかと違う」ということ。それは、スバル黎明期から見られる特徴で、最初の四輪車スバル360からそうだった。フルモノコックボディや四輪独立サスの採用、他社の軽自動車は実質2名乗車なのに大人4人が乗れるパッケージングを実現するなど、すべてが「ほかと違う」から始まっている。

 その後も、試作車では一般的な直列エンジン搭載のFR車を開発するも、量産車水平対向エンジン搭載のFF車を採用(スバル1000)。この時に生まれた基本レイアウトは、現在に至るまで継承されている。

 東北電力からの要請で乗用車の四輪駆動車作りをはじめて以来、レオーネではオフロード走破性の高さをアピール。長年にわたり、四駆=スバルのイメージが定着したが、いまだに四輪駆動車の販売比率が9割を超えている。年間販売台数100万台規模のメーカーとしては異例、というか異常。やはりほかとは違うメーカーなのだ。

■運転支援システムへの熱意とこだわり

 安全性に対する取り組みも、独自性が強い。衝突安全性の研究は、黎明期のスバル360の時代から入念に行ってきたし、歩行者保護のための装備の開発は1970年代のレオーネからやっている。

「0次安全」を重視した内装やデザインの設計思想を重視するのもらしさのひとつ。1970年代にはすでにカタログなどでアピールしていた。スバルは長らくデザイン性に課題アリと指摘されて続けてきたが、それは車両感覚のつかみやすさや、後方視界のよさがデザインよりも優先されていたからだ。

 オシャレなデザインになると、それと引き換えに後方視界が悪くなったりしたら、それはスバル車ではなくなる。最近のモデルでは、デザイン性と安全性の両立が上手くできていると思うが、それでもまだまだデザイン性の向上を望む声は多い。

 運転支援システムは1990年代から商品化。当時は見向きもされなかったが、地道に開発を続けた結果、2010年にアイサイトVer.2で大ブレイク。これを契機に運転支援システムは他メーカーでも一気に普及が進むが、スバルはアイサイトVer.3まではシンプルなステレオカメラでのシステム構成にこだわり、他社より低価格化できていた。

 運転支援システムについて、スバルは「自動運転」という言葉をかたくなに使わないのもほかと違うポイントだ。今のアイサイトは実質自動運転システム的な性能を発揮するが、スバルは「あくまで運転支援」であると強調する。

ステレオカメラを搭載し、独自の進化を遂げてきたアイサイト(Eye Sight)だが、ver.2ではプリクラッシュブレーキをはじめ全体性能をブラッシュアップ

次ページは : ■市場の要望に応えつつファンをも納得させるクルマ造りとは?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ