トヨタ センチュリーに隠し玉アリ!? カリナンも驚愕のセンチュリーSUVが23年度に登場か

トヨタ センチュリーに隠し玉アリ!? カリナンも驚愕のセンチュリーSUVが23年度に登場か

 企画担当も正直どういう書き出しにしたものか迷うほどの超ド級の新型スクープ情報が入ってきた! なんとセンチュリーSUV(仮称)が開発中で、2023年度中にも発表されるのだとか!?

※本稿は2022年12月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年1月10日号

■日本最高峰のショーファードリブンが劇的に生まれ変わる!

 たいがいの情報では驚かないベストカースクープ班だが、今回は心の底からぶったまげた。トヨタが超高級SUVの開発を進めているというのだ。

 単なる高級SUVなら、今どきどこの国のメーカーも商品化しているものだが、なんとこのクルマ、トヨタ社内では「センチュリーSUV」と呼ばれているというから驚く。

 しかも2023年度中にはラインオフさせる計画で、あと1年ちょっとで正式デビュー。その早さに二度驚いてしまうというわけだ。

 センチュリーといえば日本最高峰のショーファードリブン。大企業の経営者や大物政治家が運転手付きのセンチュリーで移動しているシーンをよく見かける。

 どこかの県知事が、センチュリーを県の経費で購入して批判されたなんてこともありましたね。

 それだけ格式の高い高級車ということで、トヨタのみならず日本車の「聖域」とも言える存在だ。

 レジャー用のクルマであるSUVとは最も遠いところにあるイメージだが、時代は変わるものなのだ。

重厚感あふれるデザインとなる新開発高級SUV。トヨタ社内では「センチュリーSUV」と呼ばれており、その雰囲気がわかる(画像はベストカーによる予想CG)
重厚感あふれるデザインとなる新開発高級SUV。トヨタ社内では「センチュリーSUV」と呼ばれており、その雰囲気がわかる(画像はベストカーによる予想CG)

 現在入っている情報ではV6、3.5Lのハイブリッド(THS)を搭載し、リアをeアクスルで駆動する4WDとなる。

 本家センチュリーのV8、5Lハイブリッドに比べると劣るが、本家と異なり、こちらはパーソナルユースも視野に入れている。

 従来型クラウンユーザーの受け皿にもなれるクルマということで、V8はオーバースペックという判断なのだろう。

 排気量やシリンダー数の大小にこだわる時代でもないということもある。

 V6、3.5Lエンジンは、レクサスLS500hやLC500hで採用されている8GR-FXS型ユニットを使うと思われる。

V6、3.5Lハイブリッドエンジン。写真は縦置きだが、新開発SUVは横置きとなる
V6、3.5Lハイブリッドエンジン。写真は縦置きだが、新開発SUVは横置きとなる

 レクサスの2車はFRレイアウトのエンジン縦置き配置だが、このクルマでは横置き配置のFFベース4WDとなる。

 また「センチュリーSUV」と呼ばれているだけあって、デザインは重厚感あふれるものだという。

 全長5200mm、全幅1950mm前後の堂々たるサイズで、ロールスロイスのSUV「カリナン」を彷彿させるクルマだという目撃情報もある。

BEVのフロア
BEVのフロア

 恐るべきトヨタの隠し玉! 登場が楽しみだ!!

●トヨタ センチュリーSUV(仮称)予想スペック
・全長×全幅×全高:5200×1950×1750mm
・ホイールベース:3000mm
・車両重量:2200kg
・パワーユニット:V6、3.5L+モーター
・エンジン最高出力/最大トルク:300ps/37.0kgm
・モーター出力:前:80ps/後:80ps
・予想価格:1000万~1500万円
・登場時期:2023年度中

【画像ギャラリー】いやぁ……ほんとかぁ……??(疑心暗鬼) センチュリーSUV(仮称)予想CGを現行型とともに見る(27枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ