ランクル70復活ほぼ確定!! 「丸目+2.8ディーゼル」で2023年秋発表か 待望の再販が待ちきれない!!

ランクル70復活ほぼ確定!! 「丸目+2.8ディーゼル」で2023年秋発表か 待望の再販が待ちきれない!!

 ランクル70再販がオートサロン頃からSNSでにわかに話題になっている。ベストカーWebではあらゆるルートから情報を集め、ついに詳細情報を掴んだ。丸目ディーゼル、本当に出そうだ!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:TOYOTA AUSTRALIA

■2023年秋復活を目指すナナマル

2014年に復活したナナマル。この時はガソリンエンジンだったが……
2014年に復活したナナマル。この時はガソリンエンジンだったが……

 ランクル70(ナナマル)が再販されるかもしれないというウワサはこの数年ずっと燻り続けていた。オーストラリアなどでは現役で販売されているナナマルだが、日本市場では2015年の復活を以って一度幕引きをしていた。

 しかし国内でも地方自治体の道路管理、不整地での業務などで公私を問わない需要は依然として高い。もちろんトヨタとてこの声に耳を傾けており、どうにかしてナナマル復活を目論んできたという。

2021年にオーストラリアトヨタがデビューさせたランドクルーザー70周年記念車。今回の再販も丸目で別体フェンダーが濃厚だ
2021年にオーストラリアトヨタがデビューさせたランドクルーザー70周年記念車。今回の再販も丸目で別体フェンダーが濃厚だ

 ベストカーWebが独自でメーカー関係者から掴んだ情報によると、ナナマルの復活は2023年秋頃を目途にプロジェクトが進んでいるという。そしてライトは丸目でフェンダーは別体という。またエンブレムはトヨタのエンブレムではなく「TOYOTA」だ。

 この丸目ライトのイメージはオーストラリアトヨタのランクル70に似ているという情報も入っており、コスト的なことを考えるとこのデザインで登場する可能性は濃厚だろう。

■2.8L+ATでとことんタフを追求する

ランクルプラドに搭載される1GD。2.8リッターのディーゼルは51kgmのぶ厚いトルクで悪路をいなす
ランクルプラドに搭載される1GD。2.8リッターのディーゼルは51kgmのぶ厚いトルクで悪路をいなす

 ナナマルについて新しく入った情報がエンジンは1GDエンジンを採用すること。2.8Lのディーゼルで現行型ランクルプラドに搭載されている名機だ。2014年に復活した際のナナマルは1GRエンジンでV6の4Lガソリンエンジンだった。

 当時はもちろん復活を喜ぶ声も大きかったが、やはり低速トルクの強いディーゼルを要望するファンは多かったのも事実。実際に1GRのトルクは36.7kgmに対して、ディーゼルの1GDは51kgmとトルクの厚みがまったく違う。悪路走破性能を考えればこのスペックは非常に大きなものだ。

内装はランクル70のオーストラリア仕様からは大きな変更点はなさそうだ。デフロックもオプションで存在するはず
内装はランクル70のオーストラリア仕様からは大きな変更点はなさそうだ。デフロックもオプションで存在するはず

 トランスミッションについては2014年モデルが5MTだけだったのに対して、今度の復活モデルはATのみというのが濃厚。基本的には現行プラドと同様の6ATになるはずだが、ナナマルらしくデフロックなどのオプションは健在だろう。

 少し雑な言い方をすれば機関系は現行プラド、足回りと外装はナナマルというクルマになりそう。

次ページは : ■40周年アニバーサリーの2024年に販売開始か?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ