ランクルミニ注文殺到必至!? 電気版エスクードも!? 発売間近のコンパクトSUV5選

ランクルミニ注文殺到必至!? 電気版エスクードも!? 発売間近のコンパクトSUV5選

 価格もサイズもリーズナブルでありながら、楽しさや趣味性も備えるコンパクトSUV。人気があるのも納得のカテゴリーだが、これからも続々と新車が登場する。お待ちかねのあのクルマから、意表を突いたあんなクルマまで、注目の最新情報をお届け!!

※本稿は2023年9月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年10月26日号

■ヒット間違いなしの小さな大物

第4のランクルはコンパクトサイズで登場。初期のランクルのイメージを引き継ぐモデルとなる(ベストカー編集部作成の予想CG)
第4のランクルはコンパクトサイズで登場。初期のランクルのイメージを引き継ぐモデルとなる(ベストカー編集部作成の予想CG)

 300、250、70(復活)に続く第4のランドクルーザ―として話題のランクルミニ(仮称)。以前のスクープ情報で確定的デザイン情報を掲載したところ、大反響となった。

 ランクル250をジャストサイズに縮めたかのようなデザインは大人気確実。意外と早く、2024年中には登場するとの情報が入っている。

 パワーユニットは純ガソリンエンジンとハイブリッドになるとのことで、その詳細は不明だが、排気量は1.8〜2.5Lクラスが予想される。

 ボディサイズはカローラクロスの全長と全幅に、より高い全高となるイメージで、具体的には全長4500×全幅1825×全高1850mm前後。まさに日本の道にジャストのサイズ感だ。

 ランクル250では廃止となった背面タイヤを備えるなどワイルド系SUVの雰囲気を前面に押し出すランクルミニ。ランクルの名前を使う限り、当然、雰囲気だけでなく本物の悪路走破性も備えることになる。

■インドからやってくるエントリーSUV

ヴェゼルの背を高くしたサイズ感で登場。最低地上高は220mmを確保
ヴェゼルの背を高くしたサイズ感で登場。最低地上高は220mmを確保

 ホンダにも出番を待っているコンパクトSUVがある。2023年6月にインドで発表されたエレベイトがそれ。2024年春にWR-Vという車名で日本導入されるとの情報だ。

 全長4312×全幅1790×全高1650mmのサイズは、ヴェゼルより全長が18mm短く、全幅が同じで、全高は60mm高いというもの。ホイールベースは2650mmなのでヴェゼルより長く、その上のZR-V(2655mm)に近い。

 サイズだけを見ているとホンダのSUV群のなかでの位置付けが難しく思えるが、このクルマはエントリーモデル。価格も3車のSUV群のなかで最もリーズナブルなものになるだろう。

 エレベイトはインドで生産し、日本に輸入される。インドでのエンジンは121ps/14.8kgmの直4、1.5L・NAのみだが、日本市場でそれだけでは商品力として弱く、ヴェゼルと同じ1.5L・e:HEVも設定されそうだ。

 予想価格は1.5Lガソリンで220万円から、e:HEVで270万円から(ともにFF)で、4WDも用意される。インテリアの質感も高く、若年層の人気を獲得できそうなクルマである。

次ページは : ■コンパクトSUVもBEVの時代

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!