ランクルミニ注文殺到必至!? 電気版エスクードも!? 発売間近のコンパクトSUV5選

■コンパクトSUVもBEVの時代

スズキとの共同開発で登場するbZ1X。進化型のBEV専用プラットフォームe-TNGAで基本性能を向上させるほか、新機軸の装備も満載となる
スズキとの共同開発で登場するbZ1X。進化型のBEV専用プラットフォームe-TNGAで基本性能を向上させるほか、新機軸の装備も満載となる

 これからのコンパクトSUVには当然、電気自動車(BEV)も増えてくる。

 まずスズキのeVX。2023年1月にインドで世界初公開されたクルマで、スズキのBEV世界戦略車の第1弾。2025年までに市販化すると発表しており、海外市場がメインだが、日本への導入も期待される。

 サイズは全長4300×全幅1800×全高1600mmで、エスクードを少し大きくしたくらいのサイズ感。60kWhのバッテリーを搭載し、インドMIDOモードで550kmの航続距離を持つ。まず海外で発売し、日本へは2025年秋以降のデビューとなりそうだ。

 2025年にはトヨタからもBEVのコンパクトSUVが登場。スズキとの共同開発によるBEVで、bZ4Xの弟分にあたるbZ1Xとして登場することになりそうだ。

 日産からはリーフのクロスオーバー仕様が登場。2023年秋のジャパンモビリティショーに出展する予定となっている。

【画像ギャラリー】今のうちにガレージ拡張工事の準備を!? 楽しさ&実用性バツグンの新型コンパクトSUV続々登場!!(24枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!