ホンダ F1が体制変更を発表 新責任者は第2期ホンダF1も経験

 ホンダは、F1におけるトロ・ロッソとの新たなパートナーシップスタートに向け、F1の運営体制変更を発表。

 新体制では、HRD Sakura(F1の開発基地)を担当する執行役員が、研究開発をリードするとともに、レース・テスト運営も統括。

 いっぽう、現場の指揮に専念するテクニカル・ディレクターを新設する。初代テクニカル・ディレクターには田辺豊治氏が就任し、F1プロジェクト総責任者のポジションは廃止となる。

 これに伴い、2017年までF1総責任者として指揮を執った長谷川祐介氏は退任。2018年1月1日よりF1の現場から離れ、本田技術研究所の主席研究員を務める。

 新任となる田部氏の役職と略歴は以下のとおり。

■田辺豊治(たなべ とよはる)

新職:ホンダR&DヨーロッパU.K. F1テクニカル・ディレクター

(2018年1月1日付)

現職:ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD) シニア・マネージャー

◆略歴

1984年:本田技研工業(株)入社

1990〜92年:マクラーレン・ホンダ ゲルハルト・ベルガー担当エンジニア

1993〜03年:インディカー エンジン研究、レースエンジニア

2003年:B・A・R ホンダ ジェンソン・バトン担当チーフエンジニア

2004〜05年:B・A・Rホンダ ジェンソン・バトン担当チーフエンジニア兼Hondaレース・テストマネージャー

2006〜07年:ホンダF1 ジェンソン・バトン担当チーフエンジニア兼Hondaレース・テストマネージャー

2008年:(株)本田技術研究所 F1開発責任者

2009〜13年:(株)本田技術研究所 量産エンジン開発

2013〜17年:HPD シニア・マネージャー 兼 レースチーム チーフエンジニア

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ