ホンダのマレーシア二輪車生産が500万台を突破


■ホンダ二輪 マレーシア生産500万台を突破

 Hondaのマレーシアにおける二輪車の生産・販売会社であるBoon Siew Honda Sdn. Bhd.(以下、BSH)はマレーシアでのHondaの二輪事業60周年と、累計生産500万台を祝し、本日、記念式典を開催しました。

 記念式典には、マレーシア政府よりダトー・スリ・オン・カ・チュアン国際貿易産業大臣、ダトー・マダニ・ビン・サハリ マレーシア自動車産業政策機構(MAI)最高経営責任者を、またHondaのパートナーであるオリエンタル ホールディングスのダトー・ロー・キアン・チョン会長らを迎えたほか、Hondaからは代表取締役副社長 倉石 誠司(くらいし せいじ)、BSH社長兼最高経営責任者(CEO)長田 展英(ながた のぶひで)などが出席しました。

 Hondaのマレーシアでの二輪車ビジネスは、1957年に文秀有限公司(以下、BSW)が二輪完成車の輸入を開始したことから始まりました。

 1969年に技術提携契約を締結し、現地での二輪完成車組み立てを開始。2008年にはお客様の満足度向上とさらなる効率化を目指し、マレーシアでの二輪事業の生産と販売機能を集約して合弁会社BSHを設立しました。

 そして、マレーシアにおけるHonda二輪事業開始60周年となる今年、現地生産は累計500万台に達しました。

■関係者のコメント

BSH会長 ダトー・スリ・ロー・チェン・イェンのコメント

 「文秀グループは60年にわたってHondaとの強固なパートナーシップを築いてきました。さらに、革新的かつ信頼性の高い二輪車をお客様にお届けするという共通のビジョンを掲げています。

 マレーシア経済と共に成長を遂げてきたこのパートナーシップを通じて、BSHはこれからもマレーシア経済への貢献を続けていきます」

本田技研工業株式会社 代表取締役副社長 倉石誠司のコメント

 「この度、マレーシアで二輪事業60周年を迎えるとともに、現地での累計生産500万台を達成したことを、大変うれしく思います。

 このマイルストーンが文秀グループとHondaのビジネスを新たな段階に導くものと確信しています。私たちは今後も、モビリティーとお客様の生活をさらに楽しく豊かにする二輪車を作り続けていきます」

BSH社長兼最高経営責任者(CEO)長田展英のコメント

 「マレーシアのお客様のご支援のおかげで、Hondaのマレーシアにおける二輪車生産は、今年、累計500万台を達成することができました。

 お客様の日々の暮らしを豊かにし、運転の楽しさを味わってもらいたいという創業者たちの情熱は、Hondaの出発点として従業員たちに受け継がれています。BSHは、ますます魅力的な商品を提供し続けていくことをお約束します」

次ページは : ■マレーシアでの二輪事業の歴史

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ