新型スペーシアを発売! 軽初の後退時ブレーキサポートを全車採用


 スズキは、軽ハイトワゴンの「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を全面改良し、12月14日より発売開始した。

前後の衝突軽減ブレーキ採用は軽自動車初

軽初搭載となる後退時ブレーキサポート
軽初搭載となる後退時ブレーキサポート

 新型スペーシア、スペーシア カスタムは、「スズキ セーフティ サポート」を採用し、安全装備を充実。衝突被害軽減ブレーキの「デュアルセンサーブレーキサポート」に加え、軽自動車で初めて、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を採用するなど、前後の衝突被害軽減ブレーキを全車標準装備化。

 さらに、フロントガラスに進入禁止の道路標識や車両情報などをカラー表示するヘッドアップディスプレイ、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を軽自動車で初採用するなどの機能を充実させている。

 また、より広い室内空間に、低床で開口を広くした乗り降りがしやすい後席両側スライドドアや、荷室高を拡大して大きな荷物も入れやすくなったラゲッジルームなど、利便性をさらに向上させたパッケージングを採用。

 軽量で高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」に、発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを全車に搭載し、JC08モード燃費は30.0km/Lを達成した。

■新型スペーシア 月間販売目標台数:1万2000台

■価格帯:133万3800〜190万8360円

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ