ビッグなハスラー、スズキ「クロスビー」がついに登場!!

■スズキ、小型乗用車 新型「クロスビー」を発売

 スズキ株式会社は、使いやすく広い室内空間を持つワゴンとSUVの楽しさを融合させた新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン新型「クロスビー」を2017年12月 25 日より発売する。

 新型「クロスビー」は、ワゴンに求められる広い室内空間と日常の使いやすさに加え、個性的で 愛着がわくデザイン、雪道などラフロードに対する力強い走破性とSUVの実用性を兼ね備えた。

 街乗りからアウトドアやスポーツなどのレジャーを好まれる方まで、幅広いユーザーのライフスタ イルに適応する、全く新しいジャンルの小型クロスオーバーワゴンである。

 お客様の安心・安全な運転を支援するスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」 を採用。衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」に加え、スズキ 小型車初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を装備した。

 さらに、周囲を立体的に 360°確認できる「3Dビュー」を採用するなど、安全運転を支援する機能を充実させた。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポート カー」の「サポカーS ワイド」に該当する。

 軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム[HEARTECT(ハーテクト)]を採用。全車 スズキ初となる 1.0L直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッドの組み合わせに、6 速ATを 採用し、余裕のある走りと優れた燃費性能を両立した。

 4WD車には、力強い走りの「スポーツモード」、雪道やアイスバーンでの発進・加速時に タイヤの空転を抑える「スノーモード」の2つのモードを新たに採用。

 ぬかるみや滑りやすい 路面での発進をサポートする「グリップコントロール」、急な坂を下る際に車速を約7km/h に維持する「ヒルディセントコントロール」の2つの機能と合わせて標準装備とした。

  • ● 販売目標台数(月間) 2,000台
  • ● メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
  • 176万5800円〜214万5960円

■5つのクロスビーの特長とは?

  • 1.コンパクトでたくましいSUVスタイルを採用しながら、広い室内空間と高い走破性を両立したパッケージング
  • 2.都会でもアウトドアでも映えるこだわりのスタイリング/日常からアクティブなシーンまで幅広く対応するラゲッジスペース
  • 3.スズキ小型車初となる後退時ブレーキサポートなど充実した安全装備
  • 4.4WD車には2つの走行モードと安心の機能を装備
  • 5.全車1.0L直噴ターボエンジンにマイルドハイブリッドを搭載
フルフラットな室内など実用性の高さはスズキらしさ
フルフラットな室内など実用性の高さはスズキらしさ

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ