伝統のフラッグシップ復活の狼煙!! ホンダ レジェンドがマイナーチェンジ

 ホンダは、3モーターハイブリッドシステムを搭載したホンダのフラッグシップモデル、レジェンドが2018年2月9日にマイナーチェンジを敢行!! 現行型初のマイナーチェンジで、デザインも一新した。


渋滞時の運転支援機能をホンダとして初搭載!!

今回のマイナーモデルチェンジでは、内外装デザインを一新。

 ハンドリング性能と上質な乗り心地をさらに磨き上げ、「ホンダ センシング」にトラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)をホンダ車として初搭載するなど、“ホンダの頂点”として最新の予防安全装備も充実させてきた。

 デザイン面で最も目を惹くのがフロントマスクの変更。フロントグリルや前後バンパーを一新し、ロー&ワイドで迫力のある造形へとデザインが刷新された。

 また、ハンドリング面ではボディー、シャシー、制御など細部までチューニングを施し、ハンドリング性能と乗り心地の向上を図っている。このほか
ダンパー特性などのシャシーセッティングも変更が施された。

 そして、初搭載のトラフィックジャムアシストは、高速道路などの渋滞時、0km/hから約65km/hまでの速度域で、前走車との車間&自車の車線をキープする機能となる。

 大幅な改良は、ホンダ伝統のフラッグシップモデル復活に繋がるか!? 年間目標台数は1000台、価格はワングレードで707万4000円だ。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ