名門ウェッズスポーツの新作ホイールが登場!!

■極限のフィールドで鍛え上げた確かな性能

 ウェッズのモータースポーツ系パーツ(ホイール含む)ブランド「ウェッズスポーツ」から、スポーク形状を一から検証し、鋳造ホイールの限界ともいえる軽さにチャレンジした最新モデル「TC105X」が発表された。

TC105Xは新色の「EJ- TITAN(イージェイ・チタン)」を採用。新技術「蒸着アルミ」を採用することで、塗膜を従来品の約50nmから約16nmという最薄膜を実現しており、軽量化に貢献。この新技術により、アルミ同士が重なった段差が減り、より平滑な金属膜として見えるため、光の乱反射を防ぎつつ、高い高輝性と金属感を表現することに成功している。17インチ×8.0~9.5J、18インチ×8.0~11.0Jをラインアップ。価格は4万8500~6万1000円(税込)

 このTC105XはTC105Nの後継モデルで、10スポークのデザインは継承しつつも、各部のさらなる軽量化と、リムの剛性向上が図られている。リムのプロファイル変更により、大口径のブレーキローターにも対応。高度な解析技術を活用した軽量化と剛性アップにより、サーキットという限界域でのドライビングシーンで、ハンドリング性能の向上だけでなく、ブレーキの負荷軽減などにも貢献してくれる。

 2018年6月2~3日に開催された「富士SUPER TEC 24時間レース」では、ST4クラスの2台の86が装着。29号車のクラス3位獲得に大きく貢献。「より速く」というサーキットユーザーに向けて、その高い性能を実証するレースとなった。

スーパー耐久に参戦している86のほかにも、86/BRZレース参戦マシンにも供給されているTC105X。その極限で磨かれた高性能を、アナタの愛車も手に入れることができる

 ホイールサイズは17~18インチで、近年タイムアタッカーが多く使用している、幅の広いハイグリップタイヤにも対応したラインアップとなっている。

■ウェッズ http://www.weds.co.jp

最新号

ベストカー最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール ベストカー9月10日号

 自動車総合誌「ベストカー」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ