【画像ギャラリー】カローラ先生 歴代モデル11代を採点チェック!! 最高点はどのクルマ?

初代E10から11代目E160系11代の最高点はどれだ?

 メインページでお伝えした”カローラ先生”小林敦志氏による新型カローラのインプレッション。

 このモデル(だけ)を愛する氏だけに、評価の視点も特有のものだった。実家にあるのも、自分購入の愛車もすべてカローラ……というだけに、その濃さはひとしお。

 そのカローラ先生から歴代カローラセダンの魅力をひと言ずつもらった。加えて評価点数づけも。4代目からほとんどのカローラを愛車にする先生。どんな点数になるのか?

元記事に戻る【カローラ先生 新型を採点!】歴代カローラを乗り継ぐオーナーが最高評価!?

初代E10系(1966~1970年)90点

■全長3845㎜×全幅1485㎜×全高1380㎜、車重710㎏、エンジン:直4、1.2Lほか

1966年にデビューした初代の最大の特徴はデビュー時にフロアシフトのみ(後にコラムシフト追加)など、当時の最新トレンドを多く取り入れているところにある。新型、12代目カローラシリーズは、この点では初代の再来と個人的には強く感じている

2代目E20系(1970~1977年)80点

■全長3995㎜×全幅1570㎜×全高1375㎜、車重880㎏、エンジン:直4、1.6Lほか

初代に対しクーペを追加するなどワイドバリエーションを進めて1970年にデビュー。海外市場も強く意識したキャラクターとなっており、カローラスプリンターが"スプリンター"という姉妹車となり独立してラインナップされている

3代目E30/50系(1974~1979年) 90点

■全長3995㎜×全幅1570㎜×全高1375㎜、車重880㎏、エンジン:直4、1.6Lほか

型式から"サンマル"と呼ばれた3代目は1974年にデビューしているが、しばらく2代目が併売されていたところは、新型カローラシリーズと共通している。3代目の時に世界生産台数世界一となっており、本格的にグローバル車への道を歩み出す

4代目E70系(1979~1983年) 95点

■全長4050㎜×全幅1610㎜×全高1385㎜、車重855㎏、エンジン:直4、1.8Lほか

前期型のセダンとバンにかぎれば、当時の高級車の証ともされていた丸目四灯式ヘッドライトをシリーズ史上で唯一採用している。オーソドックスなボクシースタイルは、ジウジアーロがデザインしたという都市伝説があるほど、流麗であった

5代目E80系(1983~1987年)70点

■全長4135㎜×全幅1635㎜×全高1365㎜、車重870㎏、エンジン:直4、1.6Lほか

FFとなった最初のモデル。FF化にコストや時間を費やしたとの話もあり、また若年層を意識したこともあるようで、前期モデルはカジュアルイメージが強かった(後期モデルで豪華路線に戻った)。4代目が売れすぎたこともあり販売は苦戦した

6代目E90系(1987~1991年)95点

■全長4195㎜×全幅1655㎜×全高1385㎜、車重950㎏、エンジン:直4、1.6Lほか

デビュー時に1.5Lがハイメカツインカム化された。パワーウィンドウ&電動格納式ドアミラー標準装備や自発光式メーターなど装備も充実し、ゴージャス路線も加速。スーパーホワイトⅡにマルーン(赤系)の内装色はクラウンを意識させた

7代目E100系(1991~1995年)95点

■全長4270㎜×全幅1685㎜×全高1380㎜、車重1050㎏、エンジン:直4、1.6Lほか

バブル経済期のプロダクトでもあり、"セルシオを意識した"というクラスを超えた高級感があった。当初SE-Lというグレードがあったが、メルセデスベンツから問い合わせがありSEリミテッドになったという都市伝説は、知る人ぞ知る有名な話

8代目E110系(1995~2000年)65点

■全長4285㎜×全幅1690㎜×全高1385㎜、車重1010㎏、エンジン:直4、1.8Lほか

それまでの高級路線とは一線を画し、コストなどを意識した異色モデルといえるのが8代目。ただ世間では受け入れられなかったようで、マイナーチェンジは大規模なものとなり、それまでのようなゴージャス路線をかぎりなく意識した改良を実施

9代目E120系(2000~2006年)99.5点

■全長4365㎜×全幅1695㎜×全高1470㎜、車重1040㎏、エンジン:直4、1.8Lほか

見た目だけでなくパワートレーンの一新も行っており、この点は新型と似ている革新的モデル。4代目で国内でも設定のあった1.8Lエンジン搭載車が、この9代目で再び復活している。7代目を彷彿とさせる上質感あふれるインテリアが印象的であった

10代目E140系(2006~2012年)85点

■全長4410㎜×全幅1695㎜×全高1460㎜、車重1100㎏、エンジン:直4、1.8Lほか

5ナンバーサイズ堅持の国内仕様に対し、グローバル仕様は本格3ナンバーサイズとなった。さらに国内仕様には"アクシオ"というサブネームがセダンにつけられた。デビュー時にバックモニターを全車標準装備としている(アクシオのみ)

11代目E160系(2012~2019年)90点

■全長4360㎜×全幅1695㎜×全高1460㎜、車重1050㎏、エンジン:直4、1.5Lほか

国内仕様はヴィッツベースとなり、車名以外は海外仕様と共通点がなくなった。カローラとしての原点回帰ということで全長が先代比でサイズダウンするなど、実用性能向上が意識され、特に視認性の高さがよかったのが印象的であった

ということで、カローラ先生による歴代カローラの最高点は新型カローラの99.6点でした!

小林氏の愛車の1.8L、S

元記事に戻る【カローラ先生 新型を採点!】歴代カローラを乗り継ぐオーナーが最高評価!?

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ