今大会最大の難所・エンプティクオーターへ突入!! 日野チームスガワラはステージ10で総合9位に躍進【ダカールラリー2023】

今大会最大の難所・エンプティクオーターへ突入!! 日野チームスガワラはステージ10で総合9位に躍進【ダカールラリー2023】

 1月11日、ダカール2023は後半戦の2日目、ハラド~シャイバ間で114kmのSS(競技区間)を行ない、大会の山場と目される「エンプティクオーター」地域に到達した。日野チームスガワラはトラック部門総合9位でゴールし、累積順位も総合9位に躍進した。

文/トラックマガジン「フルロード」(日野チームスガワラSNSより)、写真/日野チームスガワラ・ASO

砂丘郡が広がるエンプティクオーターでの初戦がスタート

ステージ10で難所エンプティクオーターに突入。広大な砂丘郡が広がる砂漠地帯だ
ステージ10で難所エンプティクオーターに突入。広大な砂丘郡が広がる砂漠地帯だ

 エンプティクオーターは北にUAEアラブ首長国連邦、東と南にオマーンと国境を接するサウジアラビア南東部の砂漠地域。この日はハラドから467kmのリエゾン(移動区間)で同地域の北部に位置するシャイバのビバーク近郊へ移動し、114kmのSSに臨んだ。

 菅原照仁/染宮弘和/望月裕司組の日野チームスガワラにとってエンプティクオーターは、2021年大会で転倒を喫した因縁の地域だ。

 日野600シリーズは、水温上昇のトラブルを抱えながらも引き続き力強い走りで、このステージを9位でゴール。この日までの累積総合順位も9位に浮上した。

 SSは柔らかい砂丘群が砂地の丘陵とともに大勢を占め、距離は短いものの所要時間はトラック部門のトップで2時間9分46秒、9番手の日野チームは2時間40分8秒を要する厳しさだった。

トラッククラスでは前日に不幸な事故

 ところで、前日までトラック部門のトップを走っていたアレス・ロプレイス(チェコ)だが、第9ステージで死亡人身事故を起こしていたことが判明し、以降のステージを棄権した。

 亡くなったのは69歳のイタリア人男性で、砂丘の影から写真を撮っていたためトラックからは全く見えず、ロプレイスとクルーは事故があったことにも気づいていなかった。クルーたちはこの日のレース終了後にスタッフから事故について知らされたという。

 男性は病院に運ばれたが数時間後に死亡した。

 ロプレイスはチームのフェイスブックを通じて次のようにコメントしている。

 「ダカールラリーのトラック部門で人命が失われた。それはハンドルを握っていた私の過失によるものだ。言わなければならないのは、私やクルーたちはこの事故に全く気付いていなかったということだ。しかし事故をとらえた映像があり、人命が失われたという事実を変えることはできない。亡くなられた方の家族と友人、愛する人たちに心よりお悔やみ申し上げます」。

 いっぽう主催者であるASOは、トラッククラスで首位に立っていたロプレイスが競技を続行できないことを認めたうえで、ロプレイスが当局の調査に協力していると発表した。

次ページは : 明日からのマラソンステージに備える

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ