家畜運搬トレーラのミニチュアと実物でその醍醐味を味わう!【ケンさんのホビーは楽し! 】

ケンさんのホビーは楽し! 家畜運搬トレーラのミニチュアと実物を比べてみよう!

 東京・秋葉原駅にほど近い神田須田町にある「ケンクラフト」といえば、建機専門のミニカーショップとしてよく知られた存在だ。

 その店主である高石賢一さん(通称ケンさん)は、精巧なスケールモデルをこよなく愛するこの道の第一人者。国内外の建機やトラックに精通しており、その見識は実物と見まごうスケールモデルに見事に反映されている。

 実車を見ながら精巧なミニチュアに親しむ……、このほど輸入された家畜運搬トレーラを題材にケンさんにホビーの醍醐味を語ってもらおう。

文・写真/高石賢一(ケンさん)
2021年9月発売トラックマガジン「フルロード」第42号より

【画像ギャラリー】国内初輸入の家畜運搬トレーラは実物もミニチュアも作り込まれています!(11枚)画像ギャラリー

モデルはいすゞギガトラクタ+ベルデックス社の家畜運搬トレーラ

 今回ご紹介するスケールモデルは、先ごろ発売になった「いすゞギガ4×2、 ロールーフ、ショートキャブ、ロングホイールベース 1/50 WSI」と定番の「ベルデックス家畜運搬トレーラ 1/50 WSI」。

 メーカーはオランダのWSI社、同社はトラック、トレーラ、重機、クレーン車をメインで製造。スカニア、ボルボ、メルセデスベンツ、ダフ、イベコ、ノーテブーム、リープヘル、タダノ等、大手メーカーのモデルをたくさん手掛けている。

 意欲的な開発とユニークなアイデアを製品に生かし、高いクオリティでファンも多い。製造は中国工場だが、経験値は高く、安定したクオリティを維持している。

WSI社が手掛ける初の日本車

 いすゞは彼らが手掛ける初の日本車で、右ハンドルの日本仕様となる。しかし、実車はほとんど輸出されておらず、マーケット的にも小さいと思われる日本車をなぜ選んだのだろうか?

ケンさんのホビーは楽し! 家畜運搬トレーラのミニチュアと実物を比べてみよう!
1/50では初モデル化のいすゞギガとベルデックス家畜運搬トレーラ

 ショートキャブ、ロングホイールベースはキャリアカーを牽引していたりするが、あまり見かけることのないタイプ。実は彼らにこのタイプよりも標準の4×2、6×4を提案したが「設計が終わっていて変更できない」との返事。さらに車種を展開していくとのことなので今後に期待しよう。

 モデルは基本彼らのセオリー通りにスケールダウンされ、ボディ、シャシーだけではなくサイドガード、燃料タンク、エアタンク、補器類等もダイキャスト製パーツを使い、小さい割に重量感のあるモデルになっている。

 同社の他モデルよりもシャープでクリーンな仕上がりと言っていいだろう。もしかしたら設計者が変わったのかもしれない。

 大きく舵の切れるフロントタイヤは大型トラックの雰囲気を伝えており、いい感じだ。チルト可能なキャブを開けるとエンジンを見ることができ、ラジエターやエキゾーストパイプ、ホース類も再現されている。

 開閉させるためヒンジ類が大きくなり、周辺のクリアランスが大きくなってしまうのは、いたしかたないところだろうか。

丁寧なつくり込みで模型映えがする

 今回ボディカラーは白一色のみで、カラーバリエーションはない。バンパー、グリル、フェンダー、コーナーパネル、ミラー等はクロームメッキ、フルメッキ仕様で模型映えがする。メッキの状態は非常に良く、顔が写り込むほど。

 いわゆるプラスチックメッキではなく、銅等の金属下地処理をした後、本物のクロームメッキをしていると思われる。タイヤは欧州車用を使い回しせず、微妙に小さい日本車サイズのタイヤを新規で起こしている点はポイントが高い。

ケンさんのホビーは楽し! 家畜運搬トレーラのミニチュアと実物を比べてみよう!
キャビンをチルトさせると精密に再現されたエンジン等を見ることができる

 パッケージは今までの同社製品にはなかった白を基調とした赤い日の丸、日本をイメージさせるデザインで好感が持てるものだ。

 現物を手にするまでわからなかったが、258台生産の限定で、ご丁寧にナンバリングしたカードが同梱されている。ホイールベースが長いのが幸いして家畜運搬トレーラとのマッチングもぴったり。

 このトレーラを導入した会社はギガで引かせるとお聞きしている。

 モデルは大きなボディ、底板等ほとんどダイキャスト製でずっしりと重く、しっかりした作り。特徴的な巨大なテールゲートやルーフ、サイドのパネルが開閉しないのがちょっと残念だが、コスト面で諦めたのだろう。

 エアサスペンションのディテールは再現されていてスプリングが仕込まれ、豚さんに優しいエアサスの乗り心地を再現している。今まであまりなじみのなかった外国のトレーラも輸入が増えてきて、模型のコレクションの幅が広がっていくのは嬉しいかぎりだ。

次ページは : 日本に輸入されたベルデックス社の家畜運搬トレーラ