【画像ギャラリー】こっちもいずれ消滅?? 日本車特有「180km/h速度リミッターの謎」を画像で辿る


■GT-R、NSX、セレナ、N-BOXの最高速度は?

●記事に戻る|100km/h超えると「キンコン♪キンコン」速度警告チャイムはなぜ消えた?

previous arrow
next arrow
previous arrow next arrow
Slider

 なぜ日本車だけが速度リミッターが普通乗用車が180km/h、軽自動車が140km/hになっているのだろうか?

「自主規制とよくいわれますが規制でありません。自動車メーカーが個別に対応するということです」。

 日本メーカーのスピードリミッターの設定について、こうコメントをしたのは一般社団法人 自動車工業会だ。自工会は日本の自動車メーカーを中心として、自動車関連企業が共同で運営する、自動車業界のまとめ役といえる存在だ。

●記事に戻る|100km/h超えると「キンコン♪キンコン」速度警告チャイムはなぜ消えた?

 乗用車の最高速度制限に関する日本メーカーによる自主規制の起源について問い合わせたが、昭和50年に国土交通省が自動車メーカー各社に口頭で内容を通達したとされ、書面等で公式に残されたものではないという。

 それでは具体的な速度設定については、どう決められたのか確認すると「高速道路の6%の上り勾配を100km/hの車速を維持するには、平坦路では180km/hで走行可能であることが必要」とされ、同様に軽自動車は140km/hに設定されることになった経緯があるという。

■「スピードリミッター、普通車180km/h、軽自動車140km/h」へのメーカーの対応

 日本メーカーに国内仕様向けの対応を問い合わせてみると、速度設定に関して前提といえる「180km/h、140km/h制限」の有無について、レクサス、スズキ、ダイハツでは明らかにされなかった。

 「機密性と顧客への安全性」(ダイハツ)への配慮などといった見解について、こちらとしては異論を挟む余地はない。

 日産はスピードリミッターを設定して“自主規制”しているとはいえ、具体的な数値の回答はなかった。トップパフォーマンスモデルであるGT-Rでは周知の通り、GPSによる位置情報を基にサーキットでの走行などではスピードリミッターが解除される機能を備える。

●記事に戻る|100km/h超えると「キンコン♪キンコン」速度警告チャイムはなぜ消えた?

 トヨタは、基本的に制限速度に関して非公表の立場をとっているが、車種ごとに性能に応じて対応しているとのこと。具体的の制限速度については、一部ながら明らかにしてもらうことができた。

 その一例として、クラウンとアクアのスピードリミッターの設定速度を教えてくれた。クラウンでは3.5L 、V6ハイブリッドと2L、直4ターボが180km/h、2.5L 、V6ハイブリッドが175km/h。

 アクアでは170km/hとされるように、各モデルの走行性能に適した細かい設定を施しているのは、至極まっとうな設計コンセプトといえる。

 ホンダ、マツダ、スバルは「180km/hでのリミッター作動」との回答を得た。

 三菱からは、より明確な設定内容を説明された。国内向けの乗用系車両の制限速度は180km/h、軽自動車と電気自動車のi-MiEVは130km/hを設定している。

 制御については、ガソリンエンジンではスロットル開度、ディーゼルエンジンは燃料噴射量、ハイブリッド/電気自動車は制御ユニットで車両からの指示トルクを制限することにより、駆動力を抑制して車速を制限するとのことだ。

 ホンダについては、NSXでは“車両設定”によって解除可能となっているのを例外として、乗用系では180km/hのリミッター作動としている。

 軽自動車の実例を挙げれば、ホンダが開催するN-ONEのナンバー付き車両によるワンメイクレース「N-ONEオーナーズカップ」では140km/hでリミッターが作動する。

 ベストカー本誌が日本自動車研究所(JARI)のテストコースにおいて、最高速テストを行っているのでその結果も合わせて見てほしい(2018年6月10日号)。


●R35GT-R/311.17km/h
●レクサスLC500h/184.4km/hリミッター作動
●ホンダNSX/296.13km/h
●トヨタ86GR/190.05km/h(リミッター作動)
●セレナe-POWER/157.99km/h
●ステップワゴンハイブリッド/160.25km/h
●セレナオーテック(2Lガソリン)/156.86km/h
●プリウスAツーリングセレクション/181.35km/h
●トヨタMIRAI/178.38km/h
●シエンタハイブリッド/146.79km/h
●デミオXD/179.53km/h
●オデッセイハイブリッド/161.57km/h
●ロードスターRS/181.29km/h(リミッター作動)

●記事に戻る|100km/h超えると「キンコン♪キンコン」速度警告チャイムはなぜ消えた?

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!   そんななか、9月10日に発売されるベストカー本誌10月10日号の大注目企画は“謎に包まれた次期クラウン”の決定的情報を入手!   ベス…

カタログ