新型シビック、S660、フィットなど新車続々登場!!【東京オートサロン2020】

 今年も残すところわずかと……と感傷的になっている場合ではない。

 日本最大のカスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」の出展概要が続々と発表されているからだ。

 昨今は、自動車メーカーも積極的に出展しており、その内容もクルマ好きの心を躍らせる魅力的なものに成長してきた。その中でも注目したいのが、ホンダだ。

 東京オートサロンの概要ともに、ホンダブースの見所を紹介したい。

文:ベストカーWeb編集部、写真:ホンダ

【画像ギャラリー】東京オートサロンに出展するホンダ車たち


東京オートサロンはどんなイベント? 

 来年、38回目を迎える東京オートサロン2020は、前回よりも会場を拡大することが明かされており、東京オートサロン史上最大規模になるという。

まずは東京オートサロンの概要から紹介しよう。

東京オートサロン概要

あの名車から新型フィットまで!ワクワクが止まらないホンダ

 今回のホンダは、例年同様に、新型車とモータースポーツ車両などを中心に展示する「ホンダ」と純正用品のModulo シリーズを手掛ける「ホンダアクセス」の2ブースを展開する。

 ホンダブースのコンセプトは、昨年に引き続き「クルマ好きが集う場」とし、最新モデルからカスタマイズ車両まで幅広く展示。

シビックセダン
2020年1月マイナーモデルチェンジ

 新型車では、2020年1月に発売を予定している改良型「シビック」と「S660」マイナーチェンジモデルに加え、受注を開始したばかりの2020年モデルの「NSX」などを展示する。

NSX2020年モデル
新色インディイエロー・パールII仕様に彩られ、国内初披露される

 NSXの展示車は、新色のインディイエローパールII仕様となり、これが国内初披露となる。

 もちろん、カスタマイズモデルも多数展示されるが、その中で目玉といえるのが、「フィット モデューロXコンセプト」だ。

フィット モデューロXコンセプト
2020年2月発売予定である新型フィットのカスタマイズモデル

 現時点では、スタイルのみが公開されているが、フロントマスクは精悍なものとなり、まさにボーイズレーサー。もちろん、詳細については、明かされていない。

 しかし、4代目となる新型フィットにモデューロXが投入を前向きに考えていることを示すものだけに、見逃せない存在だ。

 また今年マイナチェンジを受けたフリードをベースとしたモデューロXのコンセプトカーも出展される。

 さらに「無限」からはオリジナルパーツでドレスアップした「MUGEN S660コンセプト」と「MUGENフィットプロトタイプ」を初公開。

 モータースポーツで活躍する無限が、これらの新型車をどう調理するのかも楽しみだ。

CB1100RS
期間限定カラーであるマットバリスティックブラックメタリックに彩られている

 2輪車では、期間限定カラーを纏った「CB1100RS」と「レブル250<ABS>」の2台が出品予定となる。

ホンダF1を彩ったマシンたちが登場!! 

 モータースポーツ部門からは、ホンダの今期を彩ったマシンたちが一堂に集結。

 2019年シーズンのF1を盛り上げた「Scuderia Toro Rosso STR13」と「Aston Martin Red Bull Racing RB14」を始め、2019年FIAワールド・ツーリングカー・カップ(WTCR)参戦車である「シビックTCR@86号車」、

SF19 TEAM MUGEN@16号車
2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権参戦車

 2019年 SUPER GTシリーズ GT500クラス参戦車である「MOTUL MUGEN NSX-GT@16号車」、2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権参戦車である「SF19 TEAM MUGEN@16号車」を展示。

 また来期となる2020年SUPER GTシリーズ GT500クラスに供給されるNSX-GTも飾られる。

 輝かしい戦歴を残した2輪部門からは、2019年FIMロードレース世界選手権MotoGPクラス チャンピオン車両である「RC213V」や2019 年FIMモトクロス世界選手権MXGPクラス チャンピオン車両である「CRF450RW」などが飾られる予定だ。

モデューロブースでは?

 一方、ホンダアクセスの「モデューロ」ブースは、ネオヒストリックな名車にスポットを当てる。

 展示テーマは、「乗り物で人と人とがつながる」とし、メリーゴーランドをイメージしたカーライフの楽しさとワクワクを表現したブースとするという。

 注目の展示内容だが、主役となるのは、ホンダスピリットが迸る2台。

 2019年で誕生20周年を迎えたS2000を祝して20周年記念アイテムを装着した「S2000 20thアニバーサリー・プロトタイプ」は、顧客の声を開発に反映して開発したエアロバンパー、サスペンション、オーディオリッドなどの専用用品を装着したもの。

S2000 20th Anniversary Prototype
2019年に誕生20周年を迎えたS2000を祝し、
お客様の声を開発に反映し、”世代をつなぐ”モデルとなっている

 ビートやNSX同様に、今後、発売されると見られるだけに、オーナーは必見。もう一台は、「シビック サイバーナイト ジャパン クルーザー2020」。

 同車は、通称「ミラクルシビック」に設定されたシビック史上初のタイプRをベースとしたコンセプトカー。

 現代の若者を再ターゲットとし、シビックらしいコンパクトなハッチバックシルエットや身近な存在感をそのままに、近未来とアングラが入り乱れたネオジャパンに映えるモダナイズを施したモデルだという。

 夜の街に映える仕様というから、走り一色であるタイプRのイメージを覆すものとなりそうだ。

未来の子供たちへ向けた子供向けクルマ「アイボウ」
自分の世界を広げ、家族や友だちとの“こころ”をつなぐ、ワクワクした新しい乗り物

 この他にもステップワゴンをベースに、自由な車内レイアウト機能を備えた多目的スロープ車の「可チャットワゴン」や子供向けのクルマ「アイボウ」なども新たなクルマの楽しみも提案する。

まとめ

 クルマ好きの心を揺さぶる走りのモデルが多く集まるだけでなく、あの頃の懐かしさも沸き起こるであろう今年のホンダブース。

 ぜひ隅々までチェックして、ホンダスピリットを満喫して欲しい。

東京オートサロン入場券購入窓口はこちら

【画像ギャラリー】東京オートサロンに出展するホンダ車たち

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ