なぜいま生産終了のキューブ? 密かに動く日産の「中古車の魅力再生プロジェクト」とは

なぜいま生産終了のキューブ? 密かに動く日産の「中古車の魅力再生プロジェクト」とは

 東京オートサロンに出展されていた、キューブ リフレッシュド&レトロコンセプトを見て、なぜ生産終了となったキューブをベースにカスタマイズするのか、製作した担当者に聞いてみた!

文/ベストカーweb編集部
写真/ベストカーweb編集部

■2020年3月末に販売終了したキューブをベースにカスタマイズ

2008年11月~2020年3月末まで販売されたZ11型キューブの中古車をベースに仕上げた
2008年11月~2020年3月末まで販売されたZ11型キューブの中古車をベースに仕上げた

 東京オートサロンに出展されていた日産車のクルマのなかで、ひと際異色な存在だったのが、「キューブリフレッシュド&レトロコンセプト」だ。

 キューブといえば、3代にわたって販売された日産屈指のデザインで愛されたコンパクトカーだったが、惜しくも2020年3月末をもって販売終了となった。

日産本体が、中古車を買って純正部品を新品交換し、カスタマイズをするとは……
日産本体が、中古車を買って純正部品を新品交換し、カスタマイズをするとは……

 その販売終了後の絶版車キューブをベースになぜカスタムするのか? と疑問に思って現場にいた20代の製作担当者に聞いてみた。

―新車が販売されていないキューブをベースにした理由はなんですか?

担当者:数年前から中古車の魅力を向上させるプロジェクトを立ち上げていまして、その第一弾として登場させたのがキューブリフレッシュ&レトロコンセプトです。

―そんなプロジェクトがあったんですか? 有志を募って行っている旧車再生プロジェクトのようなものですか?

担当者:いえ、違います。横浜の日産本社に在籍している社員(後で聞きましたが20代、30代、40代の3人がいらっしゃるそうです)でやっているプロジェクトです。

―中古車の魅力を向上させるプロジェクトは具体的に何をするんですか?

担当者:目に触れる内外装のヤレている、目に触れる部分を新品に交換、さらにアディショナルバリューとして、レトロ風のカスタマイズを施しています。

―具体的にはどのようなところをカスタマイズしたのか教えてください。

担当者:ボディカラーはもとあった色に塗り直しています。ビターショコラのボディカラーに、マットのガンメタのフィルムラッピングにアクセントとしてグリーンメタリックのステッカーをボディサイドやサイドウインドウに貼っています。さらにグリルやホイールにもグリーンメタリックカラーにしています。

―凄く渋いボディカラーですね。明治、大正時代の洋風木造建築や煉瓦作りを感じます。

路面電車のパンダグラフと、行先を告げる前面方向幕をイメージしたキューブの文字
路面電車のパンダグラフと、行先を告げる前面方向幕をイメージしたキューブの文字

担当者:ルーフラックは、路面電車のパンタグラフをイメージし、ルーフラックの前には、行先などを表示する前面方向幕のようにグリーンメタリックの「キューブ」の文字を入れています。

次ページは : ■インテリアは昔の高級車、モケットのようだ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ