アルファードのピックアップ発見!!「こいつらマジか!??」 暴走王小川直也が今回も大暴走!! 東京オートサロン2023の自動車学校ブースで大暴れ

アルファードのピックアップ発見!!「こいつらマジか!??」 暴走王小川直也が今回も大暴走!! 東京オートサロン2023の自動車学校ブースで大暴れ

 クルマ大好き! カスタムカーはもっと好き! な小川直也が、傍若無人を決め込んで東京オートサロン(幕張メッセ/2023年1月13日~15日)会場を闊歩した。気になるクルマには勝手に乗り込み、担当者を呼びつけるさまは、飢えたトラが獲物に飛びかかるかのよう。今回はユニークな自動車学校が製作したカスタムカーたちをたっぷりと味わった。以下、さっそくレポートをお届けするぞ!!

TEXT/小川直也 PHOTO/ベストカーWeb編集部

■学生たちに激しく人気! ピックアップブームがやってくるかも!?

 東京オートサロンのネタは、もうげっぷが出るほど読んだからやめてくれ! なんていうんじゃないぞ。俺の記事を読んでから「ノーサンキュー」と言ってくれ。今回の俺のテーマは「自動車学校荒らし」。毎回よくもこんなモデルができるな!とその発想に感心しながら、愉快な気持ちにさせてくれる。

 まずはNATS日本自動車大学校へ! うぉ~アルファードがピックアップになっているじゃないか! しかも、観音開きで室内はエグゼクティブラウンジ仕様。荷台はカリフォルニアトラック風に仕上げられている。ギリシャ神話に出てくるケンタウロスのようなこの組み合わせ、ありえないんだけど……。こんな発想のできる学生がいることが誇らしいじゃないか! 「ボーイズビーアンビシャス」、いつでも俺が背中を押してやる。なんならこのクルマの荷台に乗って「ハッスル音頭」を歌ってやってもいいぞ!

ギリシャ神話に出てくるケンタウロスのようなアルファードピックアップ
ギリシャ神話に出てくるケンタウロスのようなアルファードピックアップ

 続いて群馬自動車大学校へ。目に留まったのがドデカいピックアップ。よく見れば50シーマに30セルシオのフロントマスクを移植して、リアをピックアップ化。高級車を容赦なくぶった切って作ってしまう思い切りに拍手! 系列の東京自動車大学校には、教習車として使われていたというクルーのピックアップが展示されており、なかなかの出来。クルーはリア駆動だし、荷台も大きいし、一時期サニトラが人気だったが、ポスト・サニトラとしていけるかもしれないと思ったりした。

「自動車業界に入って面白いクルマを作りたい」という学生たちの熱い想いを聞いていたら、思わず応援したくなり、ダッシュボードにサインしておいた!

50シーマのボディに30セルシオの顔をぶち込んでピックアップにしちゃった!
50シーマのボディに30セルシオの顔をぶち込んでピックアップにしちゃった!
クルーのピックアップは実際にあれば荷台も広く実用性も高そうだ
クルーのピックアップは実際にあれば荷台も広く実用性も高そうだ

 3校目はトヨタ東京自動車大学校。ここでもピックアップが俺を挑発してくる。ベースはRAV4の4WDでBピラーより後ろを荷台にしている。4ドアのままというのがユニークだが、バンパーガードを装着した面構えも壮観で、映画の特撮シーンに出てきても違和感なしの仕上がりのよさ。さすがトヨタグループだと納得だ!

RAV4ベースのピックアップの完成度が高く、学生をなめちゃいかんと驚かされた
RAV4ベースのピックアップの完成度が高く、学生をなめちゃいかんと驚かされた

 自動車学校のブースを回ってみて、みんなどんだけピックアップが好きなんだ!? と思ったが、学生がこれだけピックアップを作りたいと思うなら、日本ではムリだと思われているピックアップブームが若者から巻き起こるかもしれない。俺もピックアップは大好きだから、各校を回って今回展示されたピックアップたちを試乗し、「ハッスルハッスル! ビターンビターン!!」と歌ってやるぜ~!

次ページは : ■気になるブースにさらに突撃!! ひとりバトルロイヤルのゴングが鳴る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ