BMWもまさかの激安ぶり! なぜ今“新古車”が安いのか


「車を買う」といえば、新車あるいは中古車を買うのが一般的だが、その中間と言える存在が登録済未使用車、俗にいう“新古車”だ。文字通りディーラーが登録だけ済ませた車両で、走行距離は僅か数十km程度。それでいて価格は新車と比べて100万円以上安いといった新古車が今、急増している。特にBMWなどは過去に例を見ないほど買い得な新古車が多い。なぜ、新古車が出回るのか? 特に買い得感の高い実際のモデルとともに、その事情に迫っていきたい。

文:永田恵一/写真:編集部


買い得な登録済未使用車大量発生の理由

 なぜ、登録済未使用車が出回るのかを考えると、多くの車には日本車なら工場の稼働率確保や部品調達の関係、輸入車なら本国本社と日本のインポーターとの契約のような意味で、販売目標台数というものがある。

 ディーラーにとって販売目標台数は、(今では少なくなっているようだが)目標達成のご褒美となるインセンティブ(販売報奨金)を得るためなどに是が非でも達成したい目標だ。

 車が売れるというのは「登録が済む」という意味なので、目標が達成できていない時に新車を買いに行くと目標達成のため大幅な値引きに当たることもよくある。

 それでも在庫車が残ってしまい目標が達成できない場合には、在庫車を登録し“とりあえず売れた”ことにし、目標を達成する。

 そういった経緯で中古車市場に出てくるのが登録済未使用車である。つまり「残り物には福がある」ということだ。

 当記事では特に買い得感の高い登録済未使用車(後述するデメリットも考えると新車の2割安を最低基準にする)を紹介していくので、車選びの幅が広がれば幸いだ。

筆頭のBMWは200万円安の新古車も!

BMW 320d/新車価格:562万円
BMW 320d/新車価格:562万円

 BMWは登録済未使用車が多いブランドの筆頭だ。

 まず、日本導入が2012年でモデル末期となっている3シリーズは318i(現在の新車価格469万円)が約3割引きの300万円から。新車価格550万円以上の320iや320dになると4割引き近い350万円からというカオスのような状況となっており、買うなら新車価格が高いグレードの方がお買い得感は高い。もちろん、車の完成度は熟成が進んだモデル末期ということもあり申し分ない。

【新車価格608万円の320d Mスポーツは、登録済未使用車で360万円に!】

 2シリーズのアクティブツアラー(2列シート5人乗り、新車価格は363万円~)とグランツアラー(3列シート7人乗り、同393万円~)もそれぞれ250万円からと激安。

 また、モデルチェンジ寸前で次期モデルはFF車になることが確実視されている1シリーズ(新車価格317万円~)も210万円からと、こちらはお買い得なだけでなく「最後のFRコンパクトBMW」という価値まで持つ。

次ページは : プジョーも割安新古車が豊富

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ