BMWもまさかの激安ぶり! なぜ今“新古車”が安いのか

「車を買う」といえば、新車あるいは中古車を買うのが一般的だが、その中間と言える存在が登録済未使用車、俗にいう“新古車”だ。文字通りディーラーが登録だけ済ませた車両で、走行距離は僅か数十km程度。それでいて価格は新車と比べて100万円以上安いといった新古車が今、急増している。特にBMWなどは過去に例を見ないほど買い得な新古車が多い。なぜ、新古車が出回るのか? 特に買い得感の高い実際のモデルとともに、その事情に迫っていきたい。

文:永田恵一/写真:編集部


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ