【画像ギャラリー】本文未掲載写真も! 国産SUVの前に立ちはだかるコンパクトSUV界の黒船「新型プジョー2008」

●記事に戻る|小型SUVに黒船登場! プジョー 新型2008は国産の好敵手か

第2世代モデルとなったプジョー2008。ベースとなった208同様若々しさを強調したスタイリングとなっている
利便性とスポーティなルックスを保つために全高を押さえ、なおかつSUVとしての最低地上高を確保するとどうしても他社コンパクトSUVと似たシルエットとなる
スポーティなシルエットは街にしっくりと溶け込む。Bセグメントという手頃なサイズは街乗りでも持て余すことはない
視認性も良好、かつデザイン的にもすぐれたテールランプ。数々のファッショントレンドを生み出したフランスならではの洗練されたセンスだ
ピュアEVのe-2008も用意される。他社BセグメントSUVとの最大の違いだ
購入において最大のネックはやはり価格だろう。Bセグメントハッチバックと比較すると割高感は否めない
フェンダーにさりげなく、しかし燦然と輝く「e」の文字がピュアEVであることを主張する
理屈ではわかっていても「車に充電」というのはなかなかにシュールな光景だ
後席の足元はギリギリ無理のないシート配置といったところか。大人2人に子供が2人なら十分な広さだろう
運転席からの操作性も悪くなさそうだ。カーボン調のインテリアがスポーティさを強調する
プジョー最新のコクピット「3D i-Cookpit」を採用する。デジタル表示のメーターはフォントまでが未来的だ
後席を倒せばCセグメントに匹敵する広大なラゲッジスペースが確保できる
ちょっとした出張や小旅行などなら後席を倒さずとも十分なスペースが確保されている
上級グレードには車間距離や車線を維持する運転支援システムが装備される

●記事に戻る|小型SUVに黒船登場! プジョー 新型2008は国産の好敵手か

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ