※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

「GR」の“走りの味”やスポーティなデザインをより多くのお客様にご提供するために「GR SPORT」のモデルラインアップを拡大

配信元:TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racing

 TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくりを通じて鍛え上げられたスポーツカーシリーズ「GR」※1の走行性能や世界観をより多くのお客様にご提供することを目指した「GR SPORT」※2のラインアップに、ヤリス クロス GR SPORTを追加し、8月8日に発売します。

  • ヤリス クロス GR SPORT(ガソリン・2WD/ブラックマイカ×プラチナホワイトパールマイカ)
  • ヤリス クロス GR SPORT(ガソリン・2WD/ブラックマイカ×プラチナホワイトパールマイカ)

 ヤリス クロス GR SPORTは、TGRが展開するスポーツカーシリーズ「GR」が目指す“モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり”で培った知見を活用し、ボディ剛性の強化や足回りのチューニング、パワートレーンの改良※3により走行性能の向上を実現しました。

 ヤリス クロスの持つ上質かつスポーティなスタイリングとSUVならではのユーティリティをそのままに、市街地からワインディングまで、意のままに操れるクルマとして、実用性とスポーティな走行を両立させます。

 ヤリス クロス GR SPORTの開発には、WRC※4で勝つために開発されたGRヤリスの開発ドライバーも携わり、細部の部品にまで改良を加え、操縦安定性・応答性を向上する等、「GR」の“走りの味”を「GR SPORT」でも継承することを目指しました。

 スポーツカーシリーズ「GR」で採用された技術や走りの味、機能美を、より多くのお客様にご提供すべくトヨタの市販車に投入したコンバージョンモデル「GR SPORT」の日本国内のラインアップは、このヤリス クロス GR SPORTの投入により計6車種となり、多様なお客様のニーズやライフスタイル、価値観にお応えすることを目指しています。

GR SPORTラインアップ

上段 : 左から、ヤリス クロス GR SPORT、ハイラックス GR SPORT、ランドクルーザー GR SPORT 下段 : コペン GR SPORT、C-HR GR SPORT、プリウスPHV GR SPORT
上段 : 左から、ヤリス クロス GR SPORT、ハイラックス GR SPORT、
ランドクルーザー GR SPORT

下段 : コペン GR SPORT、C-HR GR SPORT、
プリウスPHV GR SPORT

ヤリス クロス GR SPORTの主な改良点・特徴は以下。

専用剛性アップパーツ

 ベース車の高いボディ剛性をより高水準なものにするため、フロア下とロアバックにブレースを追加。操縦安定性の向上とフラットな乗り心地に寄与します。

専用サスペンション&電動パワーステアリング制御

 運動性能向上に向け、車高を10mm下げるとともに、スポーツタイヤ「FALKEN FK510 SUV®※5」を装着。同時に、ブッシュ、コイルスプリング、ショックアブソーバー、電動パワーステアリングを、よりスポーティな特性にチューニング。軽快な走りとクルマとの一体感のある操縦性を実現しています。

専用パワートレーン制御&ドライブシャフト
(ハイブリッド車)

 モーターの過渡特性を最適化し、加速、減速時のアクセルレスポンスを向上。また、モーター駆動のレスポンスをよりダイレクトにタイヤに伝えるため、ドライブシャフトのねじり剛性を向上させ、スポーティな走りに磨きをかけるなど、パワートレーンにも改良を加えています。

エクステリア

 フロントのフォグベゼル、リアディフューザーを専用意匠にし、ベース車から踏襲したワイド&ローなスタンスへと進化。ラジエーターグリル(アッパー・ロア)、リアバンパーロアカバーには、GRの‘G’をモチーフにしたスポーティなメッシュタイプへ意匠変更したほか、専用18インチアルミホイール(切削光輝/センターオーナメント付)、及び、GR SPORT専用エンブレムを採用しています。

インテリア

 体をしっかりとサポートしてくれるスポーティシート及び専用シート表皮(エアヌバック®※6+合成皮革)を採用し、また内装の加飾は、グロスを抑えたダークメタリック塗装に統一することで、運転により集中できるようにしています。
左 : 専用シート及びインテリア 右上 : 専用エンブレム 右下 : 専用剛性アップパーツ
左 : 専用シート及びインテリア 右上 : 専用エンブレム 右下 : 専用剛性アップパーツ

トヨタ自動車株式会社

所在地
愛知県豊田市トヨタ町1番地

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ