※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

1人乗り超小型EV開発中のKGモーターズ、将来的なMaaS事業のビジョンを発表

配信元:PRTIMES
1人乗り超小型EV開発中のKGモーターズ、将来的なMaaS事業のビジョンを発表



  • ミニマムモビリティとは



 1人乗りセンターポジションで走る楽しさを追求した小型の電気自動車。80年代のポラロイドカメラをモチーフにしたレトロでありながら、近未来を感じさせる前後対称のデザイン。2023年の東京オートサロンでコンセプトモデルを発表し、同時に募集した事前モニター登録で5,800件の申し込みを獲得しており、現在は2025年の量産販売に向けて準備中。

 

 ■スペック

 全長:2,450mm

 全幅:1,090mm

 全高:1,500mm

 定格出力:0.59kW

 ピーク出力:5kW

 航続距離:100km

 充電AC100V:5時間

 乗車定員:1名

 ※販売価格は100万円を切ることを目標に開発中

 

  • ミニマムなMaaSが解決する社会課題



◾️現状の公共交通機関の課題

 ドライバー不足や乗客の減少により、コスト高騰や財源不足により維持が困難になってきている。

 解決方法として、自動運転が期待されるが、大型車による自動運転だと乗客の減少による乗車率の低下の問題は解決できず、コストが高くなり持続可能性が低いと考える。また、迂回経路を設ける必要があり、ユーザーにとっての利便性も低い。

 

◾️KGモーターズが考える解決方法

 1人乗り小型車による自動運転で、パーソナルで自由な移動を目指す。車両の維持費や償却コストも大型車と比較すると安く、エネルギー効率も高く電気代も安い。個々人が自分のいる地点から行きたい地点へ直接行けるパーソナルな移動を実現でき、ユーザーにとっての利便性も高い。

 

  • KGが提供するソリューション



 将来的には完全自動運転で、1人乗り専用のミニマムモビリティロボタクシーを考えているが、普及のステップとして、自動運転LEVEL4段階での「ワンウェイ型シェアリングサービス」を戦略的に行う。

 目的地への運転は自らが行うが、迎車と返却のみ遠隔の自動運転で行い、乗り捨てを可能とする。小型であるが故に、低速でも他の交通の妨げになりにくいという強みを活かした早期の社会実装を狙う。

 

  • KGが考えるビジネスモデル



 前述のソリューションは、KGモーターズが主体となって行うのではなく、ミニマムモビリティ(自動運転モデル)を購入したオーナーが貸し出せるプラットフォームを作り、手数料収入を得るビジネスモデルを考えている。これにより、各オーナーの課題に合わせて最適な導入が可能となり、新たな交通インフラとして普及させていく。

 

 KGモーターズが考える「ミニマムなMaaS」の詳細については、是非公開された動画をご覧ください。





 

  • KGモーターズについて



 環境性能の高い小型のモビリティを開発・普及を目指すスタートアップ企業。ミニマムモビリティは大阪オートメッセ2023にて人気車両コンテストで2位に選ばれている。

 

【会社概要】
社名:KGモーターズ株式会社
本社所在地:広島県東広島市志和町七条椛坂 1698-1
代表取締役CEO:楠一成
事業内容: 超小型モビリティの製造・販売、MaaS事業
設立: 2022年7月
HP:https://kg-m.jp/

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000112621.html

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

株式会社 PR TIMES

所在地

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!