絶対に江東区内しか走行しない!! 都営バス急行06系統「江東区深川シャトル」の正体

絶対に江東区内しか走行しない!! 都営バス急行06系統「江東区深川シャトル」の正体

 都営バス乗りバスシリーズは急行系統だ。2つある急行系統の一つで、江東区の深川地区から臨海部を走る急行系統は速達性もあり、全乗車してもそれほど時間はかからず、乗りバスとしては快適な路線だ。乗りバスついでに終点付近を散策してみた。

文/写真:小野寺利右
編集:古川智規(バスマガジン編集部)

江東区内専用急行バスに乗りバスしてみた

 今回の乗りバスレポートは、都営バスの急行06系統で江東区深川シャトルの愛称を持つ。都営新宿線・大江戸線の森下駅と日本科学未来館を結ぶ急行バスで、その愛称の通り江東区のみで完結する路線である。路線の全区間がほぼ急行運転なので速達性に優れている。

日本科学未来館からスタート!
日本科学未来館からスタート!

 今回は、日本科学未来館から森下駅へ向かう方向に乗車した。担当の営業所は港南支所で、いすゞエルガのE374だった。始発の日本科学未来館は、構内に停留所がある。

 構内を出ると一つ目に日本科学未来館前という停留所があるが、ここは新交通ゆりかもめの高架下で、海01などの路線が停車する。施設を利用する場合は便数の多いここからでも至近距離だ。

 急行06系統が最初に止まるのはテレコムセンター駅前で、その間の日本科学未来館前、東京港湾合同庁舎前は通過する。テレコムセンター駅前に停車後はゆりかもめと同様に青海一丁目を右折して、停留所の名称が変わった青海駅前に止まる。

青海・有明地域の臨港エリアを軽快に走る

 青海駅前を出ると、フェリーふ頭入口交差点を直進して、次は東京ビッグサイト駅前に止まる。この間のフェリー埠頭入口停留所は通過する。

 東京ビッグサイト東棟前も通過して、その先の東京ビッグサイト前信号を左折し、都道484号線を北に向かう。台場地区は江東区・港区・品川区が複雑に入り組むが、急行06は江東区にしか停車しない。

担当は港南支所のE374だった
担当は港南支所のE374だった

 そのまま北に向かうと豊洲市場が見えてきて、市場前交差点を右折して市場駅前停留所に止まる。そのまま、ゆりかもめと並走しながら進むと豊洲駅前の交差点に出る。

豊洲からもぶっちぎりの急行運転!

 豊洲駅の西側はバスターミナルになっている。構内を入ると1番乗り場から、順に各方面別に分かれており、急行06系統は4番のりばの門19系統と同じ停留所に止まる。構内の出入口には警備員が立っており、発着の際には交通整理している。

豊洲駅前はターミナルに乗り入れる
豊洲駅前はターミナルに乗り入れる

 ちなみに5番のりばまであるが、5番だけは構内ではなく業10系統が発着する。構内を出て晴海通りを左に進み、豊洲二丁目交差点を右折して、豊洲橋を渡り、都立三商前交差点を左折して、越中島通りに入り、清澄通りに向かって走る。

 越中島交差点を右折して清澄通りに入ると門前仲町だ。都営大江戸線と東西線に接続する。門前仲町は一大ターミナルなので乗降は多い。

 豊洲から門前仲町までの区間は門19系統や、海01系統と並走しているが、途中の停留所には止まらないのが急行らしい。

次ページは : 清澄通りを墨田区直前までラストスパート

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します