ヴェルファイアがまさかの月販500台以下…大ブレーキの理由と現場の声


 トヨタの最上級ラグジュアリーミニバン「ヴェルファイア」の販売が大ブレーキ状態にある。今年1~9月の登録累計は5953台、月平均661台で、前年同期に比べて58.9%もの大幅なマイナス。2021年8月はまさかの298台で前年同月比24.3%、9月は若干上向くも405台、前年同月比68.2%減と、マイナス傾向が加速。

 登録乗用車ブランド通称名別順位ではベスト50位から姿を消している。ほんの2~3年前までは月販7000台以上をコンスタントに売り、同クラスミニバンのトップセラーに君臨していたヴェルファイアが、いまや全ミニバンでも屈指の低空飛行である。

 ヴェルファイアに何が起きているのか。流通ジャーナリストの遠藤徹氏に現場の声を集めていただいた。

 文/遠藤徹

【画像ギャラリー】トヨタの最上級ミニバン「ヴェルファイア」と「アルファード」を画像でチェック(16枚)画像ギャラリー

■ヴェルファイア急落の理由とは

 ヴェルファイアの月販台数急落の理由は、言うまでもなく姉妹車アルファードの台頭にある。

 こちらは同期間である1~9月の登録累計が7万9669台、月平均8852台、前年同期比127.3%と増加傾向が継続中。モデルが古くなっているにも関わらず、登録車販売ランキングは4位である。高額車でこの成績は驚異的。

アルファード ヴェルファイアの月販台数急落の理由は、言うまでもなく姉妹車アルファードにある

 ヴェルファイアの販売が大幅に後退したのは、2017年12月に実施したマイナーチェンジがきっかけである。それまでヴェルファイアのフロントマスクは若者受けのする、押し出しの強い個性的なデザインを採用していた。

 これをマイナーチェンジを機会におとなしめの顔立ちとした。いっぽう姉妹車のアルファードは逆に、若者受けをする派手なマスクに仕立てたのである。これによって以降はヴェルファイアが売れなくなり、アルファードがリードするようになった。

 両車の販売格差の要因はまだある。

 2021年4月28日の一部改良ではヴェルファイアのラインアップを大幅に絞り、グレード構成は特別仕様車だった「ゴールデンアイスII」のみとしたのに対し、アルファードは従来どおりカタログモデルと特別仕様車のワイドバリエーション態勢をキープした。

ヴェルファイア 2021年4月28日に一部改良した

 またそれ以前の2020年5月には、それまでヴェルファイアがネッツ店、アルファードがトヨペット店の専売だったのを両モデルともトヨタ全系列店併売態勢としたことで、両モデルの販売格差がますます拡大することになった。

 トヨタの商品戦略の路線変更も大きく影響している。トヨタは2017年時点でそれまで約60車種あった国内向け車種を、2025年までに半分の約30車種に削減する方針を公表し、最近までに多くのモデルを廃止としている。その廃止手法の代表格は、姉妹車の1本化ないしは統合である。

 ざっくり言えば、アルファード/ヴェルファイアはアルファードに1本化し、ヴェルファイアは生産中止する案がほぼ確実となっている。

 その方向性のひとつとして、ヴェルファイアは特別仕様車のみの設定とし、「よりヴェルファイアらしさを求めるユーザーのみが買うモデル」に仕立てた。

ヴェルファイア コックピット

 その方向性が濃厚になれば、一般的なユーザーはアルファードへの集中度が高まり、ヴェルファイアを敬遠するようになっている。最近はカタログもオプション用品を含めてアルファード/ヴェルファイアを統合し、1冊にまとめられている。その内容は、アルファードの商品説明に大きくさき、ヴェルファイアは巻末に僅かなページにまとめられている。こうしたことからもますますヴェルファイアの影が薄くなっている状況にある。

■販売格差はますます開いていく

 アルファード/ヴェルファイアの現行モデルの登場は2015年1月26日だった。

 2022年には7年が経過することになり、現在入っている情報によると、来年中には世代交代の時期を迎える。今のところ同年後半か2023年初めまでにフルモデルチェンジするのが濃厚となっている。

 次期型はトヨタの新しいクルマづくりの考え方である「TNGA」による新開発のプラットフォームを採用。基本的には低重心によるデザインコンセプトであるから、現行モデルに比べて、全高、最低地上高を引き下げて、走りのポテンシャルアップを図ることになる。現行モデルは抜群の人気の高さであるから、外観デザインは大きく変えないはずである。

アルファード 現行モデルの登場は2015年1月26日だった

 パワーユニットは2.5&3.5リッターハイブリッドでFF&4WD、CVTとの組み合わせになる。これまでのガソリンNAがなくなり、全車がハイブリッドになる可能性がある。ヴェルファイアはこの時点で廃止となり「新型アルファード」に1本化されるが、場合によっては2022年の早い時期にモデル廃止となる可能性がある。最近になって極端に販売台数が減少し、販売継続が難しくなっているためである。

 (販売店と営業マンによっては、見込みユーザーにはっきりと「ヴェルファイアはもうすぐ無くなるので、細かいサービスの継続を考えるとアルファードにしたほうがいいですよ」と伝えているケースもあるようだ。また「ヴェルファイアを試乗したい」というユーザーが来店しても、近隣に試乗車がないためアルファードで代替することも多いそう。そうなるとますます販売格差は開いてゆく)

アルファード 内観

 アルファードに販売が集中しているのは、ヴェルファイアとリセールバリューが極端に開いているためでもある。売れ筋モデルにナビ、ETC、ドライブレコーダー、コーティング、フロアマット、サイドバイザーなど必要なオプション&付属品をつけて、残価設定クレジットで3年36回、5年60回払いで試算すると3年後、5年後の残価は車両本体の60%、40%と両モデルとも高い数値が提示される。

 ところが実際の下取り額は、5年後でもアルファードのほうがヴェルファイアより30万円以上も高値がつくようになっている。営業マンがこのことを両モデルの購入を検討しているユーザーに提示するケースが多いため、ユーザーはこぞってアルファードを選ぶようになっており、両モデルの販売上での明暗は一段と大きくなっている。

次ページは : ■「値引きは同条件だが…」証言1首都圏ネッツトヨタ店営業担当者