「アルファードバブル」がまもなく崩壊か?? 月販1万台オーバーで売れすぎ!!

月販1万台オーバーで売れすぎ!! アルファードバブルが間もなく崩壊する!?

 月販6000台程度で好調な売れゆきを続けていたアルファード。それが昨年の後半からは、さらに売れゆきを伸ばして月販1万台オーバーを記録。驚くほどのバカ売れ状態となっている。

 売れているのはメーカーにとって喜ばしいことだ。が、計画を大幅に上回るような売れゆきは不都合も生じるという。そして、アルファードは昨年からあまりに売れすぎていることが、今後の下取り価格や新車販売にも影響を及ぼす可能性があるのだという。

 今、過剰な売れ方をしているようにみえるアルファード。高価なクルマがどんどん売れていく様はバブル期のようなだけに、この好調ぶりが突如終わることになるのか? 今の “アルファードバブル”を新車販売事情通の小林敦志氏が考察する。

文/小林敦志  写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】崩壊目前!? いやいや大丈夫!? 売れすぎなアルファードバブルの行方


■月販台数は目標3000台に対して、最新はなんと1万台オーバー!

アルファード暦年販売台数の推移

 トヨタの現行型アルファードがデビューしたのは、2015年1月26日。デビュー後1カ月時点での受注状況を伝えるトヨタのリリースでは月販目標台数3000台に対し、2015年2月25日時点での累計受注台数がアルファード単独で約2万台になったとしている。

 ちなみにこの時は兄弟車であるヴェルファイアのほうが、累計受注台数が約2万2000台と多かった。

 現行モデル登場後、年間販売台数(1月~12月)において、初めてフルカウントとなる2016年の年間販売台数は3万7069台となり、月販平均販売台数は目標を約69台上回る約3069台であった。

 その後はグラフを見てもらえばわかるとおり、ひたすら販売台数を増やし続け、2020暦年締めでは9万748台となり、月販平均台数はデビュー時の目標販売台数の約2.5倍となる、約7562台となっている。

 さらに2020年度(2020年4月~2021年3月)の年間販売台数では、10万6579台となり、月販平均台数は約8881台となった。

 2020年度における単月締めでの販売台数を示したグラフをみると、2020年9月からグラフが一段高くなっているのがおわかりになるだろう。

 2020年度の年間販売台数を上半期(2020年4月~同年9月)と下半期(2020年10月~2021年3月)に分けると、上半期が4万4311台(月販平均約7385台)なのに対し、下半期は6万2268台(月販平均1万378台)となり、下半期では月販平均台数が1万台を超えている。

■トヨタ系ディーラーにおける全店併売化が影響

アルファードの2020年度月販台数の推移

 2020年度はすべての時期にわたり、新型コロナウイルスの感染拡大により、世の中は混乱していた。そのなかで、支払い総額で500万円や600万円になるようなアルファードを、年間10万台以上販売したことは驚き以外の何者でもない。

 これについては、2020年5月からはじまった、トヨタ系ディーラーにおける“全車種(一部除く)全店併売化”が大きく影響している。

 2020年5月からは、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店と4つあるトヨタ系ディーラーの各販売チャンネルでの専売車がどこでも買えるようになったのだ。そのため、トヨペット店の専売であったアルファードも一気に販売窓口が増えたのである。

 しかし、カローラ店などでは「アルファードのように、販売台数の多い高額車を扱ったことがなかったので、どう売っていいのか最初はペースがつかめず、様子見しながら売っていました」とのこと。

 お盆休みがある8月は稼働日数が少ないこともあり、例年業界全体でも販売台数が落ち込むのだが、7月まではトヨペット店以外におけるアルファードの販売は、まだまだ“アイドリング中”といったところだったようだ。

 9月は年度締めでの上半期末決算セールが実施されるので、ここで納期が短めでしかも高収益車種ということで、アルファードを積極的に売るようになり、単月販売台数で1万台を越え、下半期は月販平均で1万台以上売ることとなった。

次ページは : ■「高級ミニバン」であるはずのアルファードが大衆化