【送りハンドル? クロスハンドル? 】ハンドルの回し方はどっちがいい?


 あなたは送りハンドル?もしくはクロスハンドル?――ハンドルの回し方に正解なんてあるの?と思ってはいないだろうか。

 正しいハンドル操作は、上手な運転操作につながるだけでなく、危機回避にも役立つ、極めて重要な技術なのだ。

 筆者の古巣である自動車メーカーでは、送りハンドルが正解とされており、運転訓練ではそのように教育されてきた。

 一方で、自動車教習所ではクロスハンドルで教えられ、また、送りハンドルはダメという意見を耳にすることもある。

 果たして送りハンドルとクロスハンドル、どちらがいいのだろうか。

文:吉川賢一
写真:平野学、池之平昌信、ベストカー編集部
動画:沼田自動車学校YouTube公式チャンネル


送りハンドルとは? 

 送りハンドルとは、例えば、右折をする際、9時15分の位置でハンドルを握ったまま、回すハンドル操作のことである。

 操舵角が足りなければ、右手の力を抜いてハンドルの周上を滑らせ、左手のすぐ右側を掴みなおすようにする。腕が交差することがなくハンドル操作ができる。

 送りハンドルは、ハンドルから手を離さずに操作できるため、安全な操作だといえるが、ハンドルを回すのに多少時間がかかり、素早く回したいとき、

 また、大きく曲がりたいときなどには、運転に慣れていない初心者ドライバーには、少し難しいハンドル操作かもしれない。

 送りハンドルはダメと言われる理由はここにあると考えられる。

クロスハンドルとは? 

沼田自動車学校がYouTubeにて公開しているハンドル操作基本動画である

 教習所で教わるハンドル操作の基本型がクロスハンドルだ。

 右折のシーンでは、9時15分の位置で握ったままハンドルを右へと切り始め、左手が12時を過ぎたら、右手を9時の位置に持ち替える。

 クロスハンドルは、短い時間でたくさん回せることがメリットではあるが、僅かではあるがハンドルを片手で握る時間があり、ハンドルに急なキックバック(※1)があった場合には、咄嗟の対応がしにくいなどのデメリットがある。

 ※1 キックバック…路面の影響でハンドルが回される現象

次ページは : 結局どっちが正解?