【シティからフィットへ他】実績ある車名を変えた名車たち

 ファミリユースからサーキットユースまで、幅広く愛されてきたトヨタのコンパクトカー、ヴィッツ。

 昭和の名車スターレットの実質的な後継車であり、国内だけでなく、海外でも爆発的なヒットとなったヴィッツは、世界の小型車を変えた存在とも言われる。

 そんなヴィッツであるが、2020年2月のフルモデルチェンジで、その名をヤリスへと変更、20年の歴史に幕を閉じることになる。

 皆さんもご存知の通り、ヤリスという名前は、もともとヴィッツの海外仕向けに使われていた名前であり、今回グローバルで統一したという流れであるが、このように車名が変更されたクルマはほかにも多くある。

 意外にも名車と呼ばれたクルマに多い改名。なぜ長年愛されてきた名前を捨て、改名することになったのだろうか。

文:吉川賢一、写真:奥隅圭之 、トヨタ、ホンダ、マツダ、日産

【画像ギャラリー】車名が変わったクルマたちをもっと見よう!! 


トヨタコロナマークIIからマークII、そしてマークXから販売終了へ

初代コロナマークII

 クラウンとコロナの中間として誕生したコロナマークII。コロナに上級車の装備を付けて豪華版とし、コロナのマークIIとして、1968年に初代が登場したのがその始まりだ。

 5代目にマークII(1984年)となったあと、10代目で初代マークX(2004年)となった。

5代目マークII

 1989年~1990年の6代目マークIIの時代が、このクルマが最も売れた時代。1990年代中頃を過ぎると、日本ではセダン離れが加速し、また、ミニバンやSUVの人気に火が付いたことも影響し、マークIIの販売台数は減少。

 マークIIをマークXとすることで、イメージ刷新を狙ったが、2005年、レクサスブランドが立ち上がったことで、トヨタの中でのトヨタ製セダンへのプライオリティが徐々に下がっていくこととなり、

 2019年、ついにマークXは、車種整理の対象となってしまった。

 余談であるが、筆者は先般、トヨタ元町工場で行われたマークX生産終了イベントに参加させていただいた。

 その際伺った工場長はじめ従業員の方々のマークXへの思いと、時代の流れについていくためには、変わらなければならないという強い思いには、同じくクルマ業界に生きるものとして、深い感銘を覚えた。

ホンダシティからロゴ、そしてフィットへ

 1981年の登場とともに一躍大ヒットとなったシティ。

シティ

 初代はトールボーイと呼ばれた背高なデザインが人気であったが、2代目は一転ワイド&ローのデザインとなったことが影響してか、販売が低迷。1994年にわずか2代でその歴史を終えることとなる。

 その後1996年に実質的な後継車としてロゴが誕生、シティが見た目重視で失敗したことから、ロゴは徹底して実用性重視で作られた。

ロゴ

 販売価格も安価であったが、実用性に振りすぎたことで人気は振るわず、僅か5年、たった一代で、その座をフィットに譲り渡すこととなった。

 シティ、ロゴと迷走したホンダであったが、その経験があったからこそ、その後のフィットの大成功につながったのかもしれない。 

 ちなみに海外ではフィットベースのセダンがシティ名で現在でも販売されている。

 また、初代フィットをベースに、コンパクトミニバンとして初の3列シート7人乗りを実現したモビリオも、現在フリードと、その名を変えている。

フィットの大成功により、モビリオもまた相乗効果でヒットしたクルマであるが、フリードとなり、さらなるヒットを遂げた。

マツダファミリアからアクセラ、そしてマツダ3へ

 1963年、当時まだ社名が東洋工業株式会社であったマツダから発売された小型商用車ファミリア800バンがその歴史の始まりだ。

 マツダを代表する小型車として40年も続いたファミリアであるが、2003年、世界に通用するコンパクトカーとして開発されたアクセラの誕生を受けて、名称が消滅。

初代アクセラ

 マツダの思惑通り、初代アクセラは、世界100か国以上の国で、トータル200万台を超える大ヒットを記録。

 2004年欧州カー・オブ・ザ・イヤー2位にも選出され、今に続くマツダのブランド改革戦略の一歩として、成功の要因となるクルマとなった。

 このアクセラの欧州での販売名は、初代よりマツダ3。2019年アクセラとして4代目のフルモデルチェンジの際、日本での名前もマツダ3となり、アクセラの名前は消滅することとなった。

マツダ3

 このほかにも、マツダは昨年、デミオをマツダ2へ、アテンザをマツダ6へと、それぞれグローバルで用いられてきた名前へと変更、車名のグローバル化が進められている。

日産セドリック/グロリアがフーガへ

 2004年まで販売されていた日産の高級セダンセドリックとグロリア。セドリックは1960年に日産自動車が販売を開始。

 いっぽうのグロリアはセドリックより1年早い、1959年にプリンス自動車工業(当時は富士精密工業)が、同社のスカイラインの派生モデルとして誕生させたものだ。

 1966年にプリンス自動車工業との合併により、日産に引き継がれた。

8代目グロリア

 その後、2台は基本構造を統一した姉妹車となり、セドリックは高級感を高い年齢層を意識したクルマに、グロリアはスポーティに寄せ、若年層を意識したクルマつくりがなされた。

 両車はセドグロと呼ばれ、当時のバブル景気も手伝って、一大ブームとなった。

初代フーガ

 そうして名車となった両車であるが、しかし、2004年に、両車はフーガとして統合されることとなる。

 当時の日産自動車社長であったカルロス・ゴーン氏はブランドを刷新するというメリットがあるからだとしているが、その後のフーガの売れ行きは、皆さんも知るところであろう。

まとめ

 こうしてみると、車名の変更によって成功しているクルマには、小型車が多いようだ。

 車名のグローバル化を進めるマツダであるが、いっぽうで、同社の名車ロードスターに関しては、グローバルネームであるマツダMX-5にするつもりはないそう。

 長年育てブランドとなった車名は、特にステータスが重要視される高級車においては財産ともいえる。トヨタの豊田章男社長は他のブランドにあって、レクサスにないものは歴史とストーリーと語った。

 車名変更で失敗してしまったフーガには、ひょっとしたらそうした背景が足りなかったのかも知れない。

【画像ギャラリー】車名が変わったクルマたちをもっと見よう!! 

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ