ドアミラーの地味すぎる大進化!! 位置と形が10年前と全然違う理由

  車の外観で最も気になる部分はどこ? フロントフェイス? 全体のフォルム?(←まぁわかる)え? ドアミラーが気になって仕方ない!?(←マニアックすぎぃぃ!!)

……そんなマニアック(というか地味)な、ドアミラーが進化を遂げていること、ご存じだろうか。主にハッチバックやセダンで比較すると、10年以上前に発売されたモデルに比べ、最新のモデルはドアミラーの取り付け位置や大きさ、形状も大きく変わっているのだ。その理由は如何に!?

文:ベストカー編集部/写真:MAZDA、VW、NISSAN
ベストカー2014年6月26日号


ドアミラー『位置』が変わった背景にある明確な理由

 下の2枚の写真は初代アテンザと、現行アテンザのAピラー周辺のもの。初代に対して現行型のドアミラーは明らかに車両の後ろ寄りに後退していることがわかる。

 なぜか? マツダ広報部に問い合わせると、次のような答えが返ってきた。

「ドアミラーとAピラーの間に隙間をつくり、歩行者安全を確保するためです」

歩行者安全のためにドアミラーの取り付け位置は変わっていたのだ。

左が初代アテンザのドアミラー、右は現行アテンザのドアミラー。最近では現行アテンザ同様、セダンやハッチバックではドアパネル付けのドアミラーを採用する車種が主流だ

 いっぽう、トヨタ広報部は別の理由をあげる。

 「主にセダンタイプで(ドライバーの)直接視界を向上させるため、最近はドアパネル付けのドアミラーに変わってきている傾向があります」

 ドライバーが運転している時、斜め前方を直接見ようとすると、ドアミラーが妨げになって見えない部分(=死角)が生まれる。

 そこで、ドアミラーを後方にズラすことで死角を減らし、直接視界を向上させるという考え方だ。

 なぜ最近になってこうしたドアミラー位置の変更が目立ってきたのか? これはドアミラーが以前に比べ大型化したことと関係がある。

 ミラーが大型化すると、斜め前方の死角も増える。つまり……

1.ミラーが大型化
2.前方の死角が増える
3.ミラー位置を後方に移動

という流れで、最近のドアミラー位置のトレンドが生まれたのだ。

VWが明かすドアミラーの『形』が変わった理由

 最新のモデルでは、ドアミラーの『位置』だけでなく『形』も変わってきている。フォルクスワーゲン(VW)広報部は、その理由をこう語る。

 「2000年にVWの最高級車、フェートンが発売された時に、ドアミラーの形状は、視認性だけでなく、(高速域での)空力特性や音響特性にも優れたものでなくてはならないと定義されました」

 実はフェートンはVWで初めてドイツメーカーの自主規制、最高速250km/hに達した車だと言われている。これだけの高速で高級車としての静粛性を満たさなければならないとなると、必然的にドアミラーの形状も空力性能に優れ、風切り音が少ないものにしなければという要求が生まれてきたのだ。

上はゴルフIIIのドアミラーで、下はフェートンのドアミラー。設置位置は同じながら、その形状は異なる

 VWではフェートンで採用したドアミラー形状に関する考え方をその後のすべての車種に適用することにしたそう。だから例えばゴルフIIIと最新のゴルフではドアミラーの形が大きく違うわけだ。

欧州の法規が国産車のドアミラーサイズを変えた!!

 では、ドアミラーの大きさはなぜ変わったのか? 実はここにも“視界”が関係している。

 マツダ広報部によると「欧州の法規に合わせるために(ドアミラーが)大型化してきているという側面があります」とのこと。

 欧州で車のさまざまな装備品などの基準や要件を決めているのは国連欧州経済委員会(ECE)という組織。ミラーに関しての規定は「ECE No.46」に規定されている。

 細かい規定内容は割愛するが、要するに「ドアミラーによって後方が上下左右にこのくらいの視野まで見えないといけませんよ」という基準を定めたものだ。

 この後方視界基準は2006年より安全性向上のため見直されていて、日産では「日本市場においても(この規定が)有意だと考え、導入を進めている」という。

写真は現行ノート。ドアミラーは、ひと昔前のコンパクトカーより大きい。ミラーにはターンランプも内蔵されている

 欧州の規定に合わせてドアミラーを設計すると必然的にドアミラーが大きくなる。加えて、最近では多くの車種のドアミラーにカメラやターンランプが内蔵されるようになった。装備が増えたことで、必然的にドアミラーは大型化したというわけ。

 地味ながら大きく進化した最新のドアミラーには、車の安全や性能に関わる秘密が詰まっていたのだ。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】トヨタ直6モデル増殖計画|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! ついに公式発表されたマツダの直列6気筒エンジンが、トヨタ車にも搭載されるとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、2019年5月にデビューしたスープラ&マツダ3のデザイン…

カタログ