買って得する(売れてないけど)実力車7選 不人気車に光を当てよう! 売れてなくてもいい車はある!!

先日「売れてないけどいい車7選」という記事をアップしたところ、予想以上の反響をいただきました。ひょっとしてそういう車、ほかにもたくさんあるのでは? と思って調べてみたら、あるわあるわ。前述の記事に出てきた車以上にもっと売れてなくて、もっといい車がザックザク。前回は編集部がリストアップした「売れていない車」をプロに採点してもらいましたが、本記事では最初から「売れてないけどいい車を教えてください!」と依頼。バッチリ売れてないけど、バッチリいい車をセレクトしていただきました!
文:渡辺陽一郎
ベストカー2017年6月26日号


■広いし快適! 何より個性的!! いい車が目白押し!!

【ホンダ グレイス】
後席の広さはフィットと同等なのだが、セダンは全般的に後席が狭いものが多いため、実は広さだけ見ればクラウンと同程度なのだ。トランクスペースも広く、価格はカローラアクシオに対抗して抑えているため、買い得なセダンなのです。

【レクサス HS250h】
全高が1495㎜と高く、後席が快適。ショックアブソーバーもショーワ製で動きが滑らか。姉妹車のSAIは質感、乗り心地ともにまったくダメで価格は割高なのだが、HSはよいクルマなのだ。しかも内装の質を高めながら、カーナビやメンテナンスプログラムなどの条件を合わせると、実質価格はSAIとたいして変わらないのでありました。レクサスとしても、上質な実用セダンとして買い得です。

【スズキ エブリイワゴン】
荷室が広いだけでなく、後席の居住性も快適。このタイプでは唯一緊急自動ブレーキも装着可能。隠れた名車だと思っている一台だ。写真はPZターボ。ちょっとワル顔でボディカラーも個性的。

【ダイハツ ミラ(「ミライース」でなく単なるミラ)】
まだ売っています。サイドウィンドウの下端が低く視界がとてもよい。燃費を追求しない代わりに、最大トルクは6.6㎏m(4000回転)。ミライースの5.8㎏m(5200回転)に比べると、断然扱いやすいのです。少なくとも先代型ミライースとの比較なら、クラシックミラに軍配あがります。操舵に対する反応の仕方もちょうどよく、隠れた軽自動車の名車でございます。

【日産 キューブ】
コンパクトカーでは珍しくボンネットが少し視野に入り、水平基調のボディはボディの四隅もよくわかって運転しやすい。内装は和風で、前席の座面はフンワリと柔らかい。走りは古いですが、居住性と内装の雰囲気は今でもなかなか魅力的。ただしこの前のマイナーチェンジで7万円ほど値上げしたのが残念なのでありました。

【ホンダ オデッセイ】
全高は1700㎜以下なのだが、低床設計で室内高に不足はなく、3列目シートの座り心地はヴェルファイア&アルファードよりもサポート性がよくて快適。着座位置、足元空間にも不足はなく、ヴェルファイアのような、だだっ広さはないものの、6名乗車時の居住性は高い(国産ミニバンのナンバーワン)。低床なので低重心で走行安定性も優れている。ちょっと価格は高いのだが、買い得感は高い。

【スズキ エスクード】
6速の有段ATでメリハリがあり、SX4にない緊急自動ブレーキやアイドリングストップ、さらに車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも付いている。しかも価格は割安で、高機能な買い得SUVだ。

■売れてないと目にする機会も減るけれど……

いかがでしたでしょうか。特にエブリイワゴンなどは、「後席居住性の高さが魅力だ」と渡辺氏。グレイスの後席はクラウンなみの広さで快適性に優れていると評価。

ミライースは先日フルモデルチェンジして大きな話題となりましたが、イースではない「ミラ」も現在販売継続中なのです。燃費追求型でないエンジンが功を奏して、ドライバビリティではイースよりもいいと。な、なるほど。オデッセイは6名乗車であれば国産ミニバンナンバーワンとも言える室内の居住性だそうです。エスクードは地味な存在となっているが、内容を考えるとコスパ高し。

いやー、やっぱり販売台数が少ないと当サイトをはじめとした自動車メディアが取り上げる機会が少なくなって、自然と「どんな車か」を知る機会が減ってしまうものですが、どの車も地道に進化しているし、長所を探せばいっぱいあるんですね。

大変勉強になりました!!

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ