売れてないけどいい車7選!! 個性派に目を向けて自分だけの満足度100%を狙おう!

売れてないけどいい車7選!!  個性派に目を向けて自分だけの満足度100%を狙おう!

販売が不調でも実力のあるクルマはある。その観点で当編集部が選んだのが下の7車。どれも本企画担当は「いい車じゃないか」と思うのですが、せっかくなのでプロに「どんな車か」を解説してもらいつつ、どんな人に向いているかも聞きました。ぜひ参考にしてみてください。
文:ベストカー編集部 お薦め度チェック&注釈:片岡英明
ベストカー2017年6月26日



■人気薄車に幸あれ! 個性派にも光を!!


年度末で、1年間を通じて一番売れる3月の販売でも1000台を超えたのはレガシィアウトバックだけで(2017年3月期の販売台数)、ほかは3ケタか2ケタばかりという残念なクルマたち。だがしかし!! そんななかでも「隠れた実力車」はあるはずと意気込んで企画したのだ。人気薄車に幸あれと!

このページで評価してもらったのは片岡英明氏。各車のひと言評価とともに最大100%となる「お薦め度」も示してもらった。

さっそく「お薦め度」の高いものから紹介したい。


【スバルWRX S4 お薦め度90%】
STIと基本設計は同じだが、ミッションがCVTだし、ターボも今一歩の洗練度(2017年のマイチェンでかなりよくなったという情報あり)。STIほど尖っていないので、スバリストは物足りなく感じて二の足を踏む。が、コストパフォーマンスは高いし、安全装備も充実しているからお薦め度は90%


【スバルレガシィアウトバック お薦め度80%】
レガシィファンの多くは大柄なボディと2Lのターボがないことに失望し、レヴォーグを選んでいる。4WDの走破性と乗り心地もフォレスターに及ばない。広さと快適性の高さは一級だし、安全装備も充実しているので、気に入ればぜひ!


【ホンダジェイド お薦め度70%】
走りの実力は高いが、性格はミニバンというよりワゴンに近い。定員は6名だし、2列目シートの制約も多いのが弱点になっている。また、ターボもあるが、思いのほか燃費が悪い。そのいっぽうでクルマの実力は非凡なので、ワゴン派は狙い目だろう


【ホンダアコードハイブリッド お薦め度50%】
EVに近い性格のハイブリッド車だが、大味なデザインだし、ボディも日本では大きすぎる。。価格もクラウン並みなので人気が低迷しているのは当然だろう。アメリカ向けの車といえるが、郊外で使うなら満足度は高し。メカは先進的で俊足だし、燃費もいい。魅力がわかる人にはいい買い物だ


【スズキSX4 S CROSS お薦め度40%】
身内にライバルがいるし、ハンガリー生産のSUVとしては地味な存在だ。また、自動ブレーキなどの安全装備と快適装備も物足りなく感じる。走りはヨーロッパ車の味わいだし、使い勝手もいいからSUVの入門向けにはいい買い物。何より個性的なのが◎


【三菱RVR お薦め度30%】
登場から7年になるし、三菱のイメージダウンもあって販売が低迷している。ハイブリッド車のような派手さはないし、自動ブレーキもないから選択肢に挙がってこないのだろう。が、細かい改良を加えており、さらに2017年のマイナーチェンジで魅力を増したから、条件次第ではもちろん満足度は高くなる


【ホンダレジェンド お薦め度30%】
レジェンドは大柄だが、多くの日本人から高級車として認知されていない。クルマ好きは卓越したメカに目を向けるが、豪華さや快適性を重視する人は魅力的と感じていないのだ。快適だし、安全装備も充実しているのに惜しいと思う

■隠れた逸材はたくさん埋まっている!


結果は、優しい顔をして容赦ない片岡氏らしく、「ビミョーな感じ」になってしまった。お薦め度90%を叩き出したWRX S4や80%のレガシィアウトバックもあったが、次点は70%のジェイドで、あとは50%以下ばかり。不人気車を救うはずの企画がさらに追い打ちをかけるような事態に……。

とはいえ、自信を持ってお薦めできるクルマがあったのも事実だし、何より「お薦め度」採点後の寸評にあるように、どれも「これがいい!」という人にとっては「100%」な車なのだ。そうした車に巡り会うべく、人気車だけを見るのではなく隠れた逸材にも眼を向けましょう!!