なぜ脱セダン、SUV全盛なのか? 水野和敏 語る『SUVは非常識の組み合わせ』

長年、セダンが「車の最も一般的な形」だった。子どもに「車の絵を描いてみて」といえば大概セダンを描く。実際に日本ではカローラが販売トップの座に君臨し続けてきた。ところが最新の販売台数(2017年6月)を見ると、1位はC-HRで、セダンはトップ20に1台も入っていない。なぜ、「脱セダン、SUV全盛」なのか。自身もSUV開発を手がける水野氏の視点で見るその理由とは?
文:ベストカー編集部/写真:編集部、TOYOTA
ベストカー2017年8月10日号


SUVとはユーザーの欲求不満の表われ

日産を退社後、台湾の自動車メーカーで「LUXGEN」ブランドの自動車開発に取り組んでいる水野和敏氏。水野氏が現在最も注目しているのがSUVだという。現在開発中のニューモデルもSUVだと明かしてくれた。

そんな水野氏だからこそ、SUVに対しては一貫した独自の考え方を持っているのだ。

「SUVというのは車型ではないんです。こういう形だからSUVだ、という決まったカタチがあるわけではない」

と水野氏は言う。

これはどういうことか!?

「SUVというのはお客さんの欲求不満のはけ口なのです」

ますますわからなくなってきた……。

脱ヒエラルキーの表現がSUVというジャンル

「カローラだったら、自分は団地族でやっと手に入れたマイカー。これがマークⅡやスカイラインになると年齢も重ねて少し出世してマイホームを手に入れて、車もひと回り高級になりました……」

「でも、家のローンが大変ですと。クラウンだと部長クラスです。セルシオ……今ではレクサスLSですが、そのあたりになるともうオーナー社長で豪邸に住んでいて……という、その人の社会的なポジションが見えてしまう。つまりヒエラルキーなのです」

「SUVにはそれがない。むしろそこから脱却したいという気持ちの表われがSUVに対する欲求なのです」

『いつかはクラウン』。そんな言葉があるように、セダンにはヒエラルキーが一種の存在した。そんな既成概念と対極にあるのがSUVだと水野氏は指摘する

つまりこういうこと。セダンやスポーツカーのような、長い歴史のあるカテゴリーでは自然と車格によるヒエラルキーができ上がっていて、メーカー側もそのヒエラルキーに沿ったクルマ作りをするし、買う側のお客さんもヒエラルキーに沿った車選びをする。

それを見る人も車からヒエラルキーを感じ取り、乗っている人の社会的なポジションを推し量ることになる、と水野氏は言うのである。

さまざまな非常識を組み合わせるSUV

「特にお金持ち層には、そうしたヒエラルキーに拒絶感を示す人たちが少なくないのです。そうした欲求に応えるのが、従来からの価値観とは一線を画するSUVという存在です」

「SUVはいろいろな“非常識”を組み合わせることで、セダン的なヒエラルキーが確立しにくい。見えてくるのは社会的な地位ではなく、その人の趣味嗜好やライフスタイルです」

「だからSUVには例えばオフロードだとかスポーツだという決まったカテゴリーは存在しないのです。お客様の価値観の反映がSUVなのです」

セダンやスポーツカーでは実現できないユーザーの欲求を満たす存在がSUVだということだ。

「もし仮にSUVがタフなオフロードを走るための車の総称だとしたら……、レンジローバーイヴォークコンバーチブルのような車が生まれてくるワケがありません」

「2WDのSUVというのもあり得なくなってしまいます。そのような固定概念で語られる車ではない、ということです」

「この先、2ドアオープンスポーツのSUVというものも出てくるでしょう。SUVというのは自由自在に変化できるアメーバーのようなものなのです」

と水野氏。

SUVでは類を見ないオープンボディのレンジローバー異ヴォーグコンバーチブル。『クロカン』とは違い、2WDもあり、オープンもある。常識に囚われない存在としてSUV

セダンマーケットが縮小し、SUVが盛り上がっていると言われているが、水野氏によれば「当然の流れ」ということになる。

「何度も言うようですが、SUVというのは従来のような定義された車型ではありません。ユーザーの欲求を満たす新たな価値観なのです」

「だから、今現在は存在しない自由な組み合わせの新ジャンルがまだまだ登場してきます。それを総称してSUVと呼ぶのであれば、SUVはどんどん拡大していくマーケットということになります」。

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ