【自動ブレーキ!? 時々自動ブレーキ!?】 “ぶつからない車”がぶつかるかもしれない7つの条件


自動ブレーキが作動しない環境はドライバーも運転しづらい

 このように緊急自動ブレーキの作動が困難になる状況は多い。それはドライバーにとっても、運転操作の難しい状況だ。

 従って緊急自動ブレーキは、ドライバーの窮地を救う装備ではない。あくまでも「うっかりミス」を防ぐに過ぎない。

 この「うっかりミス」による交通事故が多発しているから緊急自動ブレーキのニーズも高まっているが、同じセンサーを使うクルーズコントロールなどの運転支援機能も含めて、対処の難しい状況ではドライバーの判断と技量が問われる。今はまだこの段階だ。

◆  ◆  ◆

■【まとめ】自動ブレーキが作動しない危険のある7つのパターン

  • 1.朝日や夕日で前方が眩しい時(カメラ方式)
  • 2.対向車のハイビームが眩しい時(カメラ方式)
  • 3.雨で前方の水しぶきが激しい時(カメラ方式)
  • 4.フロントウィンドウ上部が汚れている時(カメラ方式)
  • 5.歩行者に対して反応しない(ミリ波レーダー方式)
  • 6.狭い鉄橋など電波を強く反射する物がある時(ミリ波レーダー方式)
  • 7.ボディ先端中央部が汚れている時(ミリ波レーダー、赤外線レーザー方式)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ