【キューブ、RVR…】不人気車&メディアが取り上げないクルマの「いいところ」


 本企画のキッカケは編集部に届いた1通のメールからでした。

 「ウイングロードに乗っています。3年前に買って、今もよく走ってくれる愛車です。でも街で他のウィングロードを見かけたことは一度もありません。『ベストカー』でも見たことがありません。いいところはいっぱいあると思うんですけど……。そういう特集を組んでもらえませんか」(Iさん・22歳)

 当サイトは「人気がなかったり地味だったり他の自動車メディアがあまり取り上げないクルマ」が大好物で、これまで何度かそうしたクルマにスポットを当ててきました。

 Iさんがおっしゃるとおり、どんなクルマだって愛する人がたくさんいて、いいところもいっぱいあります! 

 そんなクルマたちをズラッと集めて、自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏に(かなりテンションupめで)「いいところ」を紹介していただきました!

文:渡辺陽一郎


■日産 ウイングロード 2017年9月販売台数149台

ウィングロード

 ウイングロードは商用バンのNV150ADと共通のボディを使うから、荷室の容量に余裕がある。

 後席を使った状態でも荷物をタップリと積めて、後席を畳むとほぼフラットな広い空間に変更できる。荷室の下にはアンダーボックスも装着したから、小物類の整理にも役立つ。

 そして15Mにはウォッシャブルラゲッジボードとイージーラゲッジベンチをメーカーオプションとして設定した。荷室の床面に汚れを落としやすい加工が施され、遊びのグッズなどを気兼ねなく積める。

 また荷室床面の後端部分を持ち上げると背もたれになり、リヤゲートを開けば2人掛けのベンチとして使える。このような実用的な機能を充実させたワゴンは少ない。

 空間効率の優れたプラットフォームを使うので、後席の足元も広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先には、握りコブシ2つ半の余裕がある。

 これはLサイズのセダンと同等で、大人4名が快適に乗車できる。全高も1505mmと高めだから、前後席ともに床と座面の間隔が適度に確保され、頭上のスペースも十分に広い。身長170cmの乗員が座って、頭上には握りコブシ1つ分の余裕がある。

 エンジンは1.5LのHR15DE型で、実用回転域の駆動力が高い。4名で乗車して荷物を積んでも加速力が不足しにくい。

 装備と価格のバランスにも注目したい。15Mはエアロパーツ、16インチアルミホイール、インテリジェントキーなど各種の装備を充実させて、価格は201万9600円と割安だ。

 エアロパーツを装着しない15Mオーセンティックに20万円相当の装備を加えながら、価格上昇は約12万円に抑えている。

■トヨタ アベンシス 2017年9月販売台数50台

アベンシス

 アベンシスは欧州向けに開発されたミドルサイズカーで、日本ではワゴンタイプが販売されている。トヨタ車でありながら、イギリス製の輸入車でもあるわけだ。

 そのために車両の性格も欧州車風になる。機敏に曲がるスポーティな運転感覚ではないが、後輪が常にしっかりと接地して走行安定性が高い。

 プリウス、C-HR、カムリには新しいプラットフォームが採用されたが、アベンシスも同じ方向を目指しており、発売は2011年と古いものの、運転するとC-HRなどと共通性が感じられる。

 特に注目されるのは高速道路の直進安定性で、1810mmの全幅と相まって4輪に踏ん張り感が伴う。欧州指向のワゴンらしく長距離の移動に適する。

 乗り心地も高速向けだ。街中では少し硬く感じるが、粗さは抑えられて速度が上昇すると快適性が高まる。

 居住性も優れ、前後席ともにサイズに余裕を持たせた。前席は乗員の体が少し沈んだところでしっかりと支えて、座り心地にはボリューム感が伴う。

 ホイールベース(前輪と後輪の間隔)が2700mmと長いために後席にも相応の余裕があり、身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ少々だ。前席の下に足が収まりやすく、後席も快適だから長時間の乗車でも疲れにくい。

 緊急自動ブレーキのトヨタセーフティセンスCも追加採用され、市街地を中心に追突を防止する。雰囲気は少し地味だが、安心して使える実用的なワゴンだ。

次ページは : ■日産 キューブ 2017年9月販売台数631台