真骨頂はやっぱりエンジン! ホンダ 現行ベストターボ&NAエンジン車

ハイブリッド全盛でEVシフトが叫ばれるなかでも、内燃機関の魅力はまだまだ健在。各メーカーの現行ベストエンジン車を、ターボ・NAそれぞれで選出する本企画。先日の日産編に続いて、今回は“エンジンの”ホンダ。二輪譲りの高回転エンジンやF1、タイプRなど、数々の名機を産みだしてきたホンダの、今最も優れる“ベスト”を選出。

文:渡辺陽一郎/写真:編集部、HONDA
ベストカー2017年12月10日号
『メーカー別ベストターボ車&NA車』より


ホンダのベストターボ車はシビックタイプR

現行型シビックタイプRの2Lターボは、同エンジンを積んだ先代より10ps向上している
現行型シビックタイプRの2Lターボは、同エンジンを積んだ先代より10ps向上している

ホンダは日本車メーカーとしてはターボが豊富だ。N-BOXなどの軽自動車、ステップワゴンやシビックには1.5L、NSXは3.5Lツインターボのハイブリッドを搭載する。これらのなかで最も優れているのは、シビックタイプRの2Lターボだ。

高性能指向のターボとあって動力性能はきわめて高い。4LのV型8気筒エンジンに匹敵する。回転が上昇するに連れて加速力が鋭くなるターボの特性は感じるが、直線的にパワーが伸びるから扱いやすい。最大トルクの40.8kgmは2500~4500回転という幅広い回転域で発揮され、この回転域の加速感は迫力満点だ。

峠道を走る時は、頻繁に変速を行って高回転域を保つのがスポーティドライブの基本だが、シビックタイプRでは3速に固定しておけば大丈夫。アクセルペダルを踏み込むと、即座に高い瞬発力が得られる。最高出力の320馬力は6500回転で発生するから、高回転域の伸びも鋭く、回す楽しさを味わえる。

1700回転以下では加速力が相対的に鈍る傾向も見られるが、意識的に高いギヤを選ばないかぎり、この回転域はほとんど使わない。1800回転を上回れば常に高い駆動力が得られ、2300回転以上になると動力性能が一層活発になる。

またJC08モード燃費は12.8km/Lだから、クラウンやスカイラインの2Lターボと同程度の数値だ。動力性能が高いわりに燃費も満足できる。

■KC20C型エンジン【シビックタイプR】
・形式:直4DOHCツインターボ
・排気量:1995cc
・最高出力:320ps/6500rpm
・最大トルク:40.8kgm/2500-4500rpm

ホンダのベストNA車はフィットRS

フィットRSに積まれる1.5L直噴エンジンは、フリードのほかジェイド、グレイス等にも搭載
フィットRSに積まれる1.5L直噴エンジンは、フリードのほかジェイド、グレイス等にも搭載

自然吸気のノーマルエンジンでは、フィットやフリードなどの幅広い車種が搭載する1.5Lがベストだ。直噴式で可変バルブタイミングシステムのi-VTECを採用する。

このエンジンの特徴は、吹き上がりが機敏なことだ。フィットRSで運転感覚を試すと、実用回転域の駆動力が相応に高いために扱いやすく、4400回転付近からは吹き上がりがさらに活発になる。フィットRSには6速MTも用意されるから、峠道では高回転域を保ちながらスポーティに走ることも可能だ。

動力性能は最高出力が132ps/6600rpm、最大トルクは15.8kgm/4600rpmとなる。他メーカーの1.5Lエンジンは、最高出力が110ps、最大トルクは14.0~15.0kgm程度だから、ホンダの1.5Lは直噴式らしく性能が高い。

ミニバンのフリードなどが搭載する実用エンジンをスポーティに仕上げるクルマ作りは往年のN360などを連想させる。どの車にも運転する楽しさが宿っている。

■L15B型エンジン【フィットRS、15XLほか】
・形式:直4DOHC
・排気量:1496cc
・最高出力:132ps/6600rpm
・最大トルク:15.8kgm/4600rpm

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ