あのレビンや“大きい”ヴィッツも! 海外専売の日本車 導入熱望モデル 4選


 海外のモーターショーには、実は“日本では売られていない日本車”が数多く出展されている。

 11月26日まで開催された中国・広州モーターショーで、日本メーカーのブースに行くと、そうした海外専売車を見ることも多く、これがなかなか面白い。そこで本記事では、中国で見た2台を筆頭に、4台の海外専売車を取り上げてみたい。

文、写真:永田恵一


懐かしのレビンはターボ&マニュアルもある

トヨタ レビン/全長4630mm ×全幅1775mm ×全高 1480mm
トヨタ レビン/全長4630mm ×全幅1775mm ×全高 1480mm

 中国では日本の車好きには懐かしいレビンが販売されている。

 といっても、かつてのレビン/トレノのようなエントリーユーザー向けの2ドアクーペではなく、中身は欧米で販売される3ナンバー幅のカローラをベースにした欧州流にいうとCセグメントに属する4ドアセダンだ。

 「オーリスの4ドアセダン」と考えればわかりやすい。機能面はプラットホームを共通するオーリスや先代プリウスに近く、パワートレーンはメインとなる1.2L、4気筒直噴ターボ(最高出力116馬力&最大トルク18.9kgm)、上級グレードとなる1.8L、4気筒NA(最高出力140馬力&最大トルク17.6kgm)。

 そして燃費23.8km/Lの1.8Lハイブリッドの3つで、トランスミッションはCVTに加え、1.2Lターボには6速MTも設定される。

 中国は輸入車に対する関税が非常に高く、価格競争力を持つには現地生産が必須。中国の自動車メーカーと合弁会社を作る必要があり、トヨタは広州汽車と第一汽車と手を組んでいる。

 カローラのように売れる車はどちらも欲しいのは日本も中国も同じで、簡単に言えば日本でカローラとスプリンターがあったように、中国では一汽トヨタのカローラと広州トヨタのレビンがあるのだ。

レビンハイブリッドの外観。サイズは米国仕様などのカローラとほぼ同じ
レビンハイブリッドの外観。サイズは米国仕様などのカローラとほぼ同じ

“ちょい大きい”ノート級サイズのヤリス「L」

トヨタ ヤリスL/全長4160mm×全幅1700mm×全高1485mm
トヨタ ヤリスL/全長4160mm×全幅1700mm×全高1485mm

 中国で販売されるヴィッツは欧州と同様のヤリスの車名で、「L」が示すようにボディサイズは日本のヴィッツよりホイールベースが40mm、全長は215mm拡大され、キャビンとリアオーバーハングが長い分でラゲッジスペースが広い。

 エンジンは1.3L、4気筒NA(最高出力99馬力&最大トルク12.5kgm)、1.5L、4気筒NA(最高出力107馬力&最大トルク14.3kgm)の2つで、トランスミッションはCVTに加え5速MTも設定される。

 広州トヨタで販売されるヤリスには4ドアセダンもあり、一汽トヨタでもカローラとレビンと同じような関係のヤリスLの兄弟車となるヴォイスが販売されており、ヴォイスにも4ドアセダンと5ドアハッチバックのヴォイスFSが設定される。

 日本で販売されるトヨタのコンパクトカーには日産ノートやホンダフィットのような「スペースを重視したハッチバック」がないことを考えると、日本に導入すれば案外需要はあるのかもしれない。

次ページは : スタイリッシュな欧州版マーチ「マイクラ」

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ