クルマ終活!? アルトワークスなど純ガソリン車は最後!? あがりのクルマ2020年版

クルマ終活!? 純ガソリン車は最後!? あがりのクルマ2020年版

 バイデン大統領の当選で、電動化阻止最後の砦? だったトランプ大統領の退陣が決まり、世界の流れは完全に決した。ややあいまいだった日本も2035年までに、純内燃機関車(ガソリン車・ディーゼル車)の新車販売終了の方針を決定。小池東京都知事もそれを「2030年まで」に前倒しする方針を発表した。

 日本の場合は、ハイブリッド車を電動車に含めているから、2035年以降、クルマから内燃機関そのものが消えるわけではないが、純ガソリン車の新車は、近い将来買えなくなる。

 なくなると聞くと、逆に欲しくなるのが人間の性だ。いまのうちにガソリン車を買って、クルマ好きのあがりの準備をしておこう、と思い始めている人は少なくない。

 そこで今回は、モータージャーナリストの清水草一氏が、現在新車で買える純ガソリン国産車のうち、今買っておいて家宝として永年所有したい名車を5台選んでみた。


文/清水草一
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 トヨタ 日産 マツダ スズキ

【画像ギャラリー】清水草一氏がセレクトした国宝級の純ガソリン車ラインナップ


日産GT-R NISMO 2020年モデル/2420万円

日産GT-R NISMO 2020年モデル。全長4690mm×全幅1895mm×全高1370mm
GT-Rの頂点、NISMOのスバルタンなインテリア。搭載されるエンジンは3.8L、V6ツインターボのVR38DETT型で600ps/66.5kgmを発生

 あえて説明するまでもないですね。これまでのGT-Rのエンジンも猛烈にパワフルだったけど、2020年モデルは、タービンの改良によってレスポンスが素晴らしく高められている。

 スタンダードモデルでも十分すぎる「あがりのガソリン車」だが、NISMOは特別中の特別。非常に高価だが、これが最後の、そして究極のGT-Rになることを考えれば、たまに舐める程度に乗りつつ、家宝として大切に車庫にしまいこんでおいて損はないだろう!

 私は公道でちょこっと乗っただけですが、「こんなの、公道でどうせーっちゅーねん!」というウルトラハイパフォーマンスぶりが、果てを見られない宇宙みたいで、まさに「あがり中のあがり」。

 心配は、今から注文しても買えるのかどうかだけだ。中古車は値上がりが必須。わかんないけど20年後には5000万円になっているかもしれない……。

レクサスLC500コンバーチブル/1500万円

レクサスLC500コンバーチブル。全長4770mm×全幅1920mm×全高1350mm
ソフトトップは約50km/h以下の走行時でも開閉可能で所要時間は約15秒。搭載されるエンジンは5L、V8NAエンジンで477ps/55.1kgmを発生

 5L、V8自然吸気エンジン搭載というだけで、現状すでに完全な絶滅危惧種であり、世界遺産級だが、このエンジンとLCコンバーチブルとのマッチングがすさまじく絶妙!

 まず、絶対的な速さを求めたクルマではなく、ラグジュアリーなオープンスポーツである点が、このエンジンと実に相性がいい。

 ボディはクーペに対して100kg重くなり2トンを超えているが、トヨタの5L、V8は、この重量級のオープンボディをエレガントに加速させるのに最適。加速が鋭すぎない分、逆に回転の上昇が長時間楽しめるという恩典もある。

 そしてそのサウンドは、室内に引き込まれた吸気音(サウンドジェネレーター)のセッティングにより、フェラーリの現行モデルをも凌ぐ、すばらしく甘美な高音を響かせる。もうこの音だけでとろけるぜ!

 こんなエンジン、今後は絶対に開発されないし、もういつ消えてもおかしくない。20年後、30年後には、これまた立派な財産になっている……かもしれない。

次ページは : スカイライン400R/562万円