スバルXVの一人勝ち!? ホンダやマツダがXVのライバルを作らないワケ

スバルXVの一人勝ち!? ホンダやマツダがXVのライバルを作らないワケ

 全高の高いSUVのキャラクターと乗用車的な取り回しの良さを併せ持つ「クロスオーバー」は魅力的な存在だ。国産クロスオーバーの中でも人気の高いスバルXVだが、ライバルを考えると同クラスではSUVがほとんどでクロスオーバーは少ない。

 優れたデザインと質感の高い走りが特徴のXV、こういった商品はホンダやマツダの得意分野と思われるが、直接のライバルは存在しない。

 そこでなぜホンダやマツダにXVが作れないのかを考察してもらった。

文/国沢光宏、写真/ベストカー編集部、Honda

【画像ギャラリー】人気のクロスオーバー スバル XVと各社クロスオーバー車を見る!!


■世界的に好調な売れ行きを見せるクロスオーバー

優れたデザインと質感の高い走りがを特徴とするスバル XV。国産クロスオーバーの中でも高い人気を誇る
優れたデザインと質感の高い走りがを特徴とするスバル XV。国産クロスオーバーの中でも高い人気を誇る

 今や「クロスオーバー」と呼ばれるスバルXVのようなジャンルの車種が世界的な人気になっている。

 元祖に近い(始祖はAMCイーグルというアメリカのクルマ)レガシィなど、アメリカ市場は普通のステーションワゴンを絶版にしてアウトバックだけに絞っているほど。ボルボも「クロスカントリー」の売れ行き好調です。

 作れば売れる、ということなんだと思う。ここにきてトヨタが激しくクロスカントリー路線を強化しており、ヤリスクロスに続きカローラクロスも出した。

 ちなみにクロスオーバーの定義を挙げるなら、乗用車とSUVの中間。ボディシェルを共用し、サスペンションなどワイドフェンダー、前後バンパーでオフロードの雰囲気を出す。

アメリカ市場ではステーションワゴンが廃止され、アウトバックのみとなったスバル レガシィ
アメリカ市場ではステーションワゴンが廃止され、アウトバックのみとなったスバル レガシィ

 と言う中、マツダとホンダはガンコにクロスオーバーを作ろうとしない。

 Dセグのなかで少し小柄だと言われるマツダ6など、車高上げてワイドフェンダーにしたら一回り大きく見える。オリジナルのデザインがスタイリッシュだから、美しいくワイルドなアスリートのようなクルマになるのに! 不振のマツダ3だって化けると思う。

 実際、アメリカに於けるスバルの販売台数を見ると、インプレッサはマツダ3と同レベルながら、クロストレック(日本名XV)って圧倒的に売れてます。

 しかもクロストレック、インプレッサと基本的に同じクルマなのに価格は40万円近く高いのだった。収益率という点でもクロスオーバーは美味しい。なぜマツダとホンダ、作らないのだろうか?

次ページは : ■他社と似た車は出さない!? 我が道を行くマツダ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!