「シエンタ クロスオーバー」が登場!空前のSUV人気ながら、なんでもクロスオーバー化することは正解か?


 2020年12月7日、台湾でトヨタ「シエンタ クロスオーバー」が発売された。ここ最近雰囲気組も含めて、トヨタ「ヤリスクロス」「カローラクロス」、ホンダ「フィットクロスター」「フリードクロスター」などなど、国内外問わずクロスオーバーの乱立が止まらない。

 極めつけは、トヨタ「クラウン」がセダンをやめてクロスオーバーかするなんて情報もあるほどだ……。

 空前のSUVブームで、売れるクルマを作ろうとするとクロスオーバーが手っ取り早く、収益性が大事な企業の判断としては間違っていないとは思うが、こんなに何でもクロスオーバー化させてよいのか? もっといろいろなボディタイプを大切にするべきなのではないだろうか?

 シエンタクロスがどういったクルマなのか紹介しつつ、止まらないクロスオーバー化の「ナゼ」について考察していきたい。

文/岡本幸一郎
写真/TOYOTA、NISSAN、SUBARU
CG/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】はたして国内販売はあるのか? 台湾で発表されたシエンタ クロスオーバーを写真をでチェック!!


■日本のみならず世界で盛り上がるクロスオーバー人気

台湾仕様のシエンタ クロスオーバーは、日本仕様にはない1.8Lエンジンがラインナップされる。最高出力140ps/6200rpm、最大トルク17.5kgm/4000rpm、ハイブリッド仕様の設定はない

 SUVブームは高価でサイズの大きめなクラスからはじまったが、やがてサイズの小さなクラスまで広がり、SUVとは無縁だったタイプのクルマにまで波及したのは周知のとおり。その中で、何らかベース車があって、同じ車体にSUVテイストのデコレーションを施した、比較的手軽な内容のクロスオーバーが増えているのが目につく。

 マイナーチェンジしたホンダ『フリード』や『4代目フィット』に設定された「クロススター」はまさしくそれ。販売比率はいずれも15%程度とパーセンテージとしては大きくないが、いずれも人気モデルゆえ販売台数の母数が大きいので、けっこうな数が売れていることになる。

 そのほか、ベース車と車体を共有するクロスオーバーについて、たとえばスバル『XV』は『インプレッサスポーツ』より販売台数はずっと上回っている。軽ハイトワゴンではスズキ『スペーシア』の中で「ギア」の販売比率がかなり高いと聞く。いずれにしても、こうしたSUVのテイストを大なり小なり持つクロスオーバーの人気が高まっていることには違いなさそうだ。

 直近では、2020年末にトヨタ『シエンタ』をベースとする「シエンタ クロスオーバー」が台湾で発売されたことが日本でも報じられて注目を集めている。

 ボディ下部のブラックのトリムは見た目だけでなくキズがつきにくいようにとの配慮によるもので、前後バンパーに配されたスキッドプレート調のシルバーのトリムやブラックルーフにルーフレールを備え、アクティブな雰囲気を演出しているほか、車高はベース車に対して25mm高められており、減衰力を強化した専用のスポーツサスペンションを装着する。

シエンタ クロスオーバーの内装(台湾仕様のため左ハンドル)。現行の国内モデルと内装デザインに大きな変化はない

 インテリアも、ブラックとブラウンを組み合わせたデュアルカラーデザインを採用するなど各部が専用の仕様となっている。いまのところ台湾専売ゆえデザインや走りも台湾市場に合わせてアレンジされているはずだが、日本に導入してもそれなりに売れそうだ。

■勝てば(売れれば)官軍! メーカーもユーザーもWin-Winのクロスオーバー化

 一方では、トヨタ『クラウン』の次期型がSUVになるという情報まで出はじめたのを目にした人も少なくないことだろう。実際にどうなるのかはまだわかるはずもないが、こうして報じられたくらいなので何かしら新しい動きはあるものと見てよさそうだ。

ベストカー(2021年1月10日号)でお伝えした次期クラウンSUVの予想CG。伝統の4ドアセダンが消滅してしまうとすると、さびしい限り(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

 かつて似たような成り立ちで世に出た日産『スカイラインクロスオーバー』は、北米ではそれなりに人気を得たものの日本ではあまり受け入れられなかったが、当時とは時代が違うことだし、クラウンの名がつけば注目度も高まることはいうまでもない。

 すでに豊富にSUVをラインアップしているトヨタが、さらに新しくSUVの車種を増やすとなると、それなりに意義のあるものとなるはず。はたしてどんなクルマが出てくるのか興味深いところだ。

 クロスオーバーがこうして増えるのは、なんら不思議なことではない。売れているものにならうのは当然のこと。SUVの要素を盛り込むことで人気が高まり売れ行きがよくなるのなら、誰だってそうする。

 クロスオーバーと呼ばれる中にも程度があり、前出のお手軽なタイプを「中途半端」と評する向きもあるが、これで十分と感じている人が少なくないことは販売の動向も証明している。

 架装が増えてタイヤなどが大きくなればそのぶん販売価格は割高になるが、それでもそうしたほうが売れて儲かるのならやらないわけがない。ユーザーもそれを望んでいるわけで、メーカーにとってもユーザーにとっても好循環といえる。

スカイラインクロスオーバー
2008年に北米で「インフィニティEX37」との車名で販売開始されたが、2009年に「スカイライン クロスオーバー」の名称に変更し日本で発売された

 こうした類いのクロスオーバーの価値は、このルックスを楽しめることにつきる。それだけで十分に存在価値はある。機能面での優位性は基本的にはない。走破性を高めるデバイスが装備されているケースもあるが、それはクロスオーバーでなくてもできるのをベース車ではやっていないだけの話なので、クロスオーバーの特権とはいえない。

次ページは : ■いいことばかりじゃない! クロスオーバー化で悪化する性能も……

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ