スペアタイヤ減少??パンク修理キットなぜ急増? 大転換の裏事情と意外な落とし穴


 ここ数年パンク時の対応装備として、パンク修理キットを使う新車が激増し、スペアタイヤを積んでいるクルマはめっきり減った。

 一例としてトヨタのヤリス(旧車名:ヴィッツ)を挙げると、2005年登場の2代目ヴィッツは、全グレードスペアタイヤが標準装備だった。

 それが2010年登場の3代目ヴィッツでは主要グレードがパンク修理キットに、2019年登場のヤリスは全グレードでパンク修理キットが標準(全グレードでスペアタイヤもオプションで選べる)といった具合に明確にスタンダードが移り変わっている。

 こうした背景もあり、本稿ではパンク修理キットの装備状況や装備するクルマが急増した理由などを考えてみたい。

文/永田恵一 写真/編集部、HONDA

【画像ギャラリー】あなたの愛車に装備されているのはスペアタイヤ? 修理キット? パンクへの備えについて考える


■現在では乗用車のほとんどがパンク修理キットに移行

ヤリスではスペアタイヤもオプションで選択できるが、標準ではパンク修理キット装備となっている

 現在、日本車の乗用車の大半がパンク修理キットか、パンクしても80kmの距離を80km/hのスピードで走れるランフラットタイヤを標準装備(レクサスLS、日産 スカイライン、GT-Rなど)としている。

 対照的に今でもスペアタイヤを標準装備するモデルを挙げていくと、大きく2つに分類できる。

【1】テンパータイヤを標準装備する主なモデル
日産 マーチ、フーガ、スバル インプレッサG4、フォレスター(ターボ車)、WRX S4、スズキ エブリイワゴン、ダイハツ アトレー(一部グレード)など

【2】車両装着サイズのスペアタイヤを標準装備する主なモデル
トヨタ ハイエースワゴン、グランエース、ランドクルーザー、ランドクルーザープラド、日産 キャラバンワゴン、スズキ ジムニー、ジムニーシエラ

 スペアタイヤを標準装備するモデルは、【1】が古いモデルなど、【2】は「ハードな使われ方をすることもあるので、スペアタイヤが標準サイズだったらありがたい」と感じるモデルという傾向だ。

 また、パンク修理キットを標準装備するモデルでもトヨタ車はメーカーオプションでスペアタイヤを選べるモデルが多く(センチュリーは標準サイズのスペアタイヤも選べる)、トヨタ以外のメーカーでは何らかのスペアタイヤを選べるクルマはあまりないというのが現状だ。

■なぜパンク修理キットの標準装備がスタンダードに?

スペアタイヤ非搭載の車も多い。パンクに遭遇する頻度は平均10年に1回程度と考えると、大きく重いタイヤを積むのはデメリットが多い

 この点に関して、はじめに頭に置いてほしいのが、近年クルマに乗っていてパンクに遭遇する頻度は、平均10年に1回程度といわれているという事情がある。

 日本ではほとんどの道が舗装されるなど道路環境がよくなっている、タイヤも強くなっているため、というのがその理由だ。

 この前提でスペアタイヤを装備するデメリットを考えると、

【1】スペアタイヤは一度も使われず、最終的にクルマと一緒に廃棄されることも多い

【2】スペアタイヤは10kg程度の重量があるうえ、小さくない置き場も必要

【3】パンク修理キットはコスト面で有利
(公平ではないが、メーカーオプションのテンパータイヤは1万円以上、12V電源で使える電動空気入れ付パンク修理キットはネット通販で5000円少々)

 と、スペアタイヤを積むことは【1】/環境負荷になる。(パンク修理キットへの置き換えで)【2】/軽量化やラゲッジスペース下など車両後端の空いたスペースを収納スペースなどに使えることもある、【3】/スペアタイヤは高い、となる。

 このあたりとパンクに遭遇する頻度を総合すると、「スペアタイヤの替わりにパンク修理キットかランフラットタイヤを使う方がメリットは大きい」という話で、スペアタイヤが標準装備されないモデルが増えているというわけだ。

次ページは : ■スペアタイヤの廃止には落とし穴もある?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ