今の時代にハンドリングを語るほどのクルマはあるのか?


■ボディがしっかりとした高い剛性をもっていることも重要

レクサス ISは改良され、剛性が向上した。土台であるボディ剛性の高さはサスペンションの追従性の高さに繋がる

 そして、さらにそのサスペンションの土台となるボディ剛性がしっかりしていることも重要です。シャシーやボディはほとんどのクルマで鉄ないしはアルミニウムという金属でできています。金属は必ずたわみます。

 よく曲げ剛性、ねじり剛性などと呼ばれていて、メーカーは堅剛さをアピールしていますね。タイヤ→ホイール→ハブ→サスペンション→ボディと入力が伝わるなかで、ボディの変形が大きいようではサスペンションをしっかりコントロールできません。

 つまり、いいハンドリングにはボディがしっかりしていること、サスペンションによってハンドリングと乗り心地の両立をしっかりさせることが重要です。すごく簡単に言ってしまうとそうになります。

 ほかに最後に路面とコンタクトするタイヤが重要になりますが、ここでは省かせてもらいます。

 ここではそんなことを踏まえて、ハンドリングのいい現在の国産車を挙げていきましょう。

■ハンドリングのいい国産現行モデル5車

●レクサス IS(改良新型)

改良されたレクサス ISは直進性が向上し、ハンドリングと乗り心地の良さを両立させている

 レクサスISは現行モデルとなったのが2013年。3世代目となってからすでに8年の月日が流れた長寿モデルです。ではその8年前から現在のハンドリングだったかというと、そうではありません。

 BMW3シリーズをベンチマークとして開発を進めてきた歴史があります。ベンチマークにしている以上、「いつまでたっても3シリーズを超えられないのでは?」という懸念も持っていました。

 しかし、昨年(2020年)11月にビッグマイナーチェンジを行い大きく進化したのです。特に改良の成果を見たのがIS350とIS300のFスポーツモデル。今回のマイナーチェンジでIS350はFスポーツ専用モデルとなりました。

 まず直進時の落ち着きが顕著です。そして前述したハンドリングと乗り心地の両立ができています。

 ホイールをハブに締結するハブナットをハブボルトに変更して、ナットを廃したことによる軽量化とホイール穴の小径化、また締結力アップによって剛性アップを達成しています。この技術、今後のレクサス及びトヨタ車にも展開予定というから楽しみです。

●ホンダ N-WGN

軽自動車とは思えないハンドリングの良さをみせるホンダ N-WGN

 ホンダ車は数年前からハンドリングと乗り心地を兼ね備えたモデルが多くなっています。しかし軽自動車はというと年々進化いてきていましたが、乗り心地はよくてもハンドリングがイマイチでした。

 ところがこのN-WGNで驚くほど進化しています。サスペンションの初期の動きが素晴らしく、コーナリングで攻めても操舵が抜ける感触がほとんどありません。

 また軽自動車初(?)となるテレスコピックも採用し、ドラポジにも積極的に進化させています。ロードノイズを含めた室内もとても静かで、軽自動車枠でよくここまで仕上げたと感心しますね。

●スバル レヴォーグ

新型になってステアリング操作への反応性が劇的に向上したスバル レヴォーグ

 先代は硬くて硬くてどうしようもありませんでした。マイチェンで多少柔らかくなったのですがそのハンドリングを筆者は評価できませんでした。

 しかし新型は生まれ変わった。スバルは操舵初期の応答性を重要視します。そこからサスペンションのストロークにつなげてくる連動性。ここにリズムを感じられるか、またそのリズムをドライバーの意思でコントロールできるか。この部分で素晴らしいクルマに仕上がっています。

●マツダ CX-8

3列シートを持つSUVでありながらマツダの理念のもとでハンドリングも良好なCX-8

 3列シートのSUVはどちらかというと乗り心地重視に開発されています。しかしCX-8はマツダの「走る歓びの追及」という理念の基、ハンドリングもしっかりしています。

 ステアリングを切りタイヤ荷重が増し、タイヤが潰れてゆく(変形すること)過程とサスペンションの動き、そしてブッシュ類の変形をトータルにコントロールしています。

 そしてGVCプラスによるコーナー進入から出口でのトルク及びブレーキ介入によって、ドライバーに気付かせずに安定したハンドリングを達成しています。

●スズキ ソリオ

普段使いの速度域では驚くほど気持ちのいいハンドリングを味わえるスズキ ソリオ

 驚きます! このコスパ。スズキ車は往々にしてお得感が高いですが、安かろう悪かろうは今やスズキに失礼! とソリオに乗れば理解できます。

 このステアフィールの素直さ。新東名での120km/h走行時には意図的にパワステを直進状態に絞り込みすぎていることが気になりましたが、それ以下の速度域ではとても素直にサスペンションが動き、気持ちいいハンドリング。しかも安定感が高い。乗り心地もマルです。

【画像ギャラリー】思った通りに動かせるということは安全にもつながる ハンドリングのいい国産現行車を見る