今の時代にハンドリングを語るほどのクルマはあるのか?

今の時代にハンドリングを語るほどのクルマはあるのか?

 近年、売れているのは軽自動車にしてもSUVにしても、安全装備が優れていて燃費がいい、それに車内が広いような実用的なクルマ。しかし、クルマ好きにとっては、走りのよさ、特に操縦性のよさは重要なポイントだ。

 とはいえ、そんな実用性ばかりが求められている今の時代に、“ハンドリング”を語るほどのクルマはあるのだろうか? 

 この疑問に「もちろんある!」と答えたのは自動車評論家の松田秀士氏。そこで、松田氏にハンドリングのいいクルマについてのポイントと、現行国産車で語るべきハンドリングを持つクルマを挙げてもらった。

文/松田秀士  写真/べストカー編集部、SUBARU

【画像ギャラリー】思った通りに動かせるということは安全にもつながる ハンドリングのいい国産現行車を見る


■曲がるだけじゃない! 直進性もハンドリングの基本

ステアリングを正面から動かさない時はキチンと直進する、というのも立派なハンドリングの要素だ

 今の時代にハンドリングを語るほどのクルマはあるのか? というのが今回のお題。

 世間一般で最も販売されているのが軽自動車、それにハイブリッド車、コンパクトカーなど使い勝手優先のモデルで、クルマもシロモノ家電化していると思われているのかも?

 さらにEVになれば内燃機関のエンジンに代わって簡素なモーターが装備されるわけだし、EVが普及する将来には「クルマの価格は5分の1になる」とどこかの社長様のお言葉が最近あった。

 こうなると、もうクルマはただ走るだけ。「ハンドリングなんて求めるほうがオカシイ」と考えられているように思えるのです。

 いやいや、ちょっと待ってください。走るだけじゃマズいでしょ。ちゃんと真っ直ぐ走らないと。

 しかし、このように考える人たちにとっては「真っ直ぐ走るって、あたりまえじゃない?」と思っているに違いない。タイヤさえ4つ付ければクルマは自然に直進するものだと考えていないだろうか?

 ちゃんと真っ直ぐ走ること。実は、これがハンドリングの基本中の基本なのです。これ、そんなに簡単な話ではありません。

 さらに言うと、しっかり真っ直ぐ走れるクルマはブレーキングもコーナリングも優れています。筆者がこれまで経験してきたレーシングカーも一般市販車もなにも変わりません。

 もちろんここでの話は一般市販車。そのなかでも語るべきハンドリングのクルマはあるのか? ということで今手に入れることが可能な筆者がお薦めのクルマについてお話します。

■ハンドリングがいいクルマはサスペンションが上手に動く

ステアリング操作にしっかりと追従するには、四輪が路面を同圧力で押しつけているということが重要だ

 その前に、「ハンドリングがいい」クルマにするためにはどのようなことが必要になるのでしょうか?

 まず、路面の外乱(凸凹)に対してタイヤが常に路面をできるだけ同じ圧力で押しつけていることが重要です。

 レーシングカーでは空力のダウンフォースなどがありますが、速度レンジの低い一般車では自車重もダウンフォースのひとつなので、しっかり路面にタイヤを押し付け続けることが安定性につながり、その結果直進性もよくなるのです。

 つまりサスペンションがストレスなく上手に動くことが重要ですが、そのためにはサスペンションが柔らかいことが条件のように思えます。サスペンションが柔らかいと乗り心地もソフトになります。

 しかし、柔らかいサスペンションは中高速のコーナリングでロールが大きくなり、またコーナリングでの荷重移動が遅くなるので不安定になりがちです。

 乗り心地とハンドリングはこのように二律背反の関係にあるのです。

次ページは : ■ボディがしっかりとした高い剛性をもっていることも重要